プロが教える店舗&オフィスのセキュリティ対策術

当社でこのたび、所有地に社員用の駐車場(約800坪)をつくりました。
金額は税抜きで合計1,200万円です。
内訳は、
整地(アスファルトまで) 700万円
周りのフェンス       300万円
外灯             150万円
看板              30万円
門扉              50万円
値引き           -30万円
です。
ここで困っているのが、以下の通りです。
1、勘定科目は?
2、耐用年数は?
3、値引きの処理
  ・30万円をそれぞれの設備に振り分けて減額するのか?それともどれかに限定して30万円減額するのか?
  ・看板を減額した場合、一括償却資産(中小企業の特例)とできるのか?
教えて下さい。

A 回答 (2件)

 全て構築物でいいでしょう。

整地(アスファルト)が10年ですから、後は15年のような感じのものもありますが、10年が無難です。

 このような場合は一式1.200万円にしない。

 整地(アスファルト)700万円・フェンス(金属製)300万円・外灯150万円・門扉(金属製)50万円・合計1.200万円にした方が後で楽をします。

 *看板30万円と値引き30万円=0

 看板は(簿外)固定資産として台帳を作成してください。

 どうして一式1.200万円にしないかと言うと、将来除却売却する時、分筆処理をしなければなりません。この面倒を省くためです。

 科目・・・構築物
    • good
    • 1

科目 構築物  耐用年数はそれぞれ10年 30万円は振り分けて減額します。

 特例は受けられます。
http://www.geocities.co.jp/WallStreet/5430/ULT_0 …
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング