位置情報で子どもの居場所をお知らせ

たまに仕事で使う英文で「Please be advised that ...」という表現を目にします。これは「...を報告します。」という意味で良いのでしょうか。
また、どの様なニュアンス(丁寧さとか)の言い回しになるのか教えてください。例えば、I inform that...とはどう違うのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

アンサープラス

ビジネスシーンでの英語と日常会話の英語はやや違うようですね。

こちらのサイトではビジネス英語についての記事が掲載されています。

CSランキング 敬語と日常会話の違い
http://juken.oricon.co.jp/rank_english/business- …

A 回答 (6件)

アメリカに37年半住んでいる者です。

 私なりに書かせてくださいね。

これは、丁寧さを出したいと言うフィーリングを出した表現とは言えなく畏まった、硬いビジネス文書によく使われる表現で、一般的・日常的会話表現をするビジネスメールとは違うんだよ、と言うフィーリングを出しています。

日本語のようにビジネス敬語を「親しい中に礼儀あり」を貫いて使っているのと違いこちらではほとんど日常会話的表現を使う傾向にありますがこの表現をして「まだ、日常的会話表現を使えるような間柄とは私は感じていません」とか「まだ私はこう言う表現をビジネス的表現として心得ています」とか「私は公私分けて表現する人間ですのでよろしく」と言うフィーリングを出しているわけです。

Please be noted, Please be informed, Please be assured, Please be remindedと言うような表現がほかの例としてよく使われます。

I informは単に「私が~と言うことを報告します」「私が~と言うことをお知らせします」という表現となり、ビジネス文書としてはあまり使いません。 I would like you to know thatとかIt is my pleasure to inform you that,とかI would like to take this opportunity to inform youと言う表現であれば「丁寧さ」を出したビジネス表現と言うことになります。

Should you have any questionsも倒置と言う畏まった表現としての例がありますね。 普通であれば、If you have any questions, と言う表現で済ましてしまいます。

これでいかがでしょうか。 分かりにくい点がありましたら、補足質問してください。 
    • good
    • 28
この回答へのお礼

なるほど。Please be noted, Please be informed, Please be assured, Please be reminded等参考になりました。有り難うございました。

お礼日時:2006/04/07 21:58

この文面を生活の中で目にしたのは、ホテル告知、ビルの看板、パンフレットかなにかの告知文など、今まで3~4程度のみです。


丁寧な表現ではありますが、実際のビジネスの場面やメール、会話ではでてきたことがありません。

わたしも「お伝えします」のようなかしこまった、かつ「告知する」ようなone-way(片方向、一方通行)的な場面で多く目にする気がします。
双方向(コミュニケーション)の場面では、どう使われるかイメージしにくいですし、実際そういう場面に出会ったことがありません。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

参考になりました。有り難うございました。

お礼日時:2006/04/07 22:00

これはビジネス英語での,レター/メールに使う典型的表現です.意味は,お伝えしますとか,意見を述べさせていただく,お知らせします,とか.または,文字通り,助言させていただくということです.同じ会社の同僚にとかも,面識の無かった相手とか,上位管理者とか,顧客,他社にも使います.



日常会話ではビジネスでも使いません.友人同士とか親しい間でもほとんど使いません.

報告しますなら,be informed, be reported でしょう.ちなみに,「報告」というのは,管理者とか会社とか,上位の相手に状況・情報を伝えることです.決して部下には報告しません.

Be advised は,へりくだった表現ですが,丁寧表現でもあります.

I inform は極めて尊大な印象を与えます.社長が社員全員宛とかの場合です.せめて,I would inform でしょう.基本的に,自分の考えや感想を述べる場合は,最小限 would を使うようにします.

日本語に比べ,英語にはあまり敬語や謙譲語が無いと言われることがありますが,そんなことはなく,こういう表現で同様な意味を表しています.とくに文章表現では,つっけんどんになったり,尊大になったりするのを避ける表現がいろいろあります.
ただし,ビジネスでは,顔文字を使うほどはくだけていません.
    • good
    • 5
この回答へのお礼

参考になりました。有り難うございました。

お礼日時:2006/04/07 21:59

こんにちは。



業務上とてもよく使う言い回しだと思います。

「~と言うことをご報告します」というより、
「~と言うことをご了承下さい」
という意味に等しいと思っています。

I inform that...
と大差ないとは思いますが、あえて言うと、この表現が「自分がこの情報をお知らせします」というニュアンスが強いのに対して、be advisedはもう少し客観的(?)な意味合いで使われている気がします。

日本語の業務上のレターやメールでも、「ご了承下さい」と「ご報告します」は微妙なニュアンスの違いによって使い分けられますよね。
それと同じ感覚で使っているのだと思います。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

初めは変わった言い回しだと思っていましたが、「ご了承下さい」という意味ならばなるほどと思います。有り難うございました。

お礼日時:2006/04/07 21:54

まさに「...を報告します。

」という意味です。日本語でも、(会話の中ではなく)ビジネス文書上でしか使わないかしこまった言い回しがあるように英語にも同じものがあり、これもその1つです。Please be informed ...も同じですね。

I inform that...はそのままで使うのではなく、ミーティングなどのフォーマルな状況の時に人に直接言う場合にI would like to inform you that...等とします。ビジネス文書のPlease be advised that ...の前にWould you は付けないでください!
    • good
    • 5
この回答へのお礼

そうですね。I inform はビジネス文書的な言い回しではないですね。有り難うございます。

お礼日時:2006/04/07 21:46

事務的な文書でよく見るので、特に日本語で言うような丁寧さといった感じは受けませんが、もちろん乱暴な言い方でもないですね。


丁寧にするとすれば文頭に Would you など付け足せば丁寧にはなると思いますが、これは見たことはないような気がします。

I を使うと 私があまりに強調される感じがするので会社組織などを代表している場合にはあまり使われないのでは?間違った情報だった場合に責任を追及されそうですね。受動態を使う利点の一つはやはり主語を曖昧にできるからではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほどなるほど。参考になりました。

お礼日時:2006/04/07 06:11

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q"Please kindly~"という表現は適切ですか?

海外との連絡で社内では海外へ向けてメールで何かを依頼する際"Please kindly~"という表現をよく使っています。
しかしながらどうも意味が重複していて不自然に感じます。
ビジネス上不自然な表現ではないでしょうか?

Aベストアンサー

アメリカに住んで40年目になりました。 私なりに書いてみますね。

この表現、非常に「外国人」を感じさせます。 なぜ相手に「親切さ」を要求するのか、と言うフィーリングがしてしまいます。

どうせkindlyを使うなら、親切さを自然に求めているWould you kindly, Will you kindlyと言う風にもって行きたいところですが、やはりkindlyを求めるのには気分が良くないし、そういわれたからといって、丁寧さを出そうとしているのは分かるけど(日本語の表現方法文化を知っているからでしょう)、そこまで使う必要なまったくないと感じます。

つまり、文化的な表現だなと感じると言うことなのですね。

>ビジネス上不自然な表現ではないでしょうか?

改めて考えると不自然と感じない事もないですが、普通の場合この表現を使ったメールなどを日本から英語をメールを受け取ると、そのまま受け取っています。 しかし自分でアメリカでは使おうとは思いません。

I would appreciate it if you would kindly
などの表現を私な必要に応じて使います。 

ビジネスで使う英語はビジネスで使う表現が元になっているわけですね。 日本でも同じですね。 ビジネスで頑張っている・頑張ってきた人のビジネスを思わせる表現をうまく使っていますね。 一・二年で習得できるようなものではないですし、英語にはまったく問題がないアメリカ人ですらセミナーを受けるくらいですし、表現方法と言うか,適切な英語表現力を高めるための努力を毎日しているのです。 英語の先生がビジネス経験なしで、ビジネス感覚なしで、表現できるものではないのですね。 ビジネスで使われている英語表現は実際に使われている表現をどれだけ見てきて、どれだけ使うかと言うことになるわけですが、日本でのビジネス英語の表現に慣れてくると「日本での英語のビジネス表現」をこちらでも普通に使われていると言う錯覚が作られていると言うことなのではないでしょうか。

Podcastでもこの点ではいろいろ見つけることが出来ると思います。 そして、英語圏からのメールなどでどのような表現を使っているのかを良く見てください。 日本の英語ビジネス表現に慣れている人からであれば結構「日本ではこの英語表現がうけている」と思って使っている人も出てくるとは思いますが、そうでないビジネスマンがどのような表現をして「頼む」のかを身につけてくださいね。

参考になりましたでしょうか。 分かりにくいところがありましたらどんどん突っ込んでまた書いてください。

アメリカに住んで40年目になりました。 私なりに書いてみますね。

この表現、非常に「外国人」を感じさせます。 なぜ相手に「親切さ」を要求するのか、と言うフィーリングがしてしまいます。

どうせkindlyを使うなら、親切さを自然に求めているWould you kindly, Will you kindlyと言う風にもって行きたいところですが、やはりkindlyを求めるのには気分が良くないし、そういわれたからといって、丁寧さを出そうとしているのは分かるけど(日本語の表現方法文化を知っているからでしょう)、そこまで使う...続きを読む

Qnoted with thanks.の意味を教えてください

英語のメールで noted with thanks.という表現が良くあるのですが
日本語ではどのような意味でしょうか。

教えてください。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

特段深い意味はありませんです。

直訳では「感謝と共に了解!」ですが、毎回々、打ち慣れてくると、単なる「了解、感謝」→「了解!」→「分かった!」→「分かったぞ!」→「分かった、おまえの云うことは分かった!」→「もういい、分かったヨ」→「あっ、そう、!」(爆)

誠実に感謝の気持ちをお届けしたい場合は、

「appreciate it, many thanks!」 位を使うと「あっ、この人本当に感謝してるんだな」と思って貰えます。(爆)

QPlease noticeとPlease be noticedの違いは?

仕事中に流れる英文メールでよくみかけるこの文章。

Please notice that~



Please be noticed that~

どういう違いがあってこんな言い方をするんでしょう?
それともどっちかが間違ってたりするのでしょうか?
すみませんが、どなたかお答えいただけると嬉しいです。
意味はわかるけど、なんでだ?とふと疑問に思ったので。

ちなみに

Please note~はたまに聞きますが

Please be noted~って言います?

Aベストアンサー

 #5のところで,notice には「気づかせる」という意味はないと申し上げましたが,ジーニアスに,主に米用法として,notice 人 to do の形で,「人に~するように通知する」という表現が載っています。

 さらに,S V (that) 節で「~だと通知する」という意味が載っています。notice 人 that 節については触れられていません。

 そこで,ジーニアスの大辞典をみると,「(人に)~するように/~だと通知する」として,I noticed him to do [that he had to do] the work by tomorrow. という例文が載っています。

 中辞典の方の記述はあいまいですが,notice 人 that 節という言い方も可能なのだと思います。すると結局,please be noticed that ということも可能になります。

 したがって,#5の
>Please be noticed that も Please be noted that も文法的には正しくありません。
は撤回いたします。申し訳ございませんでした。

 最近の英和辞典はよくなってきていますが,細かい部分ではまだ完全だとは言えないようです。何万という語を扱っているのでやむを得ない部分もありますが,私たちはやはり英和辞典に頼るしかありません。ジーニアスの後発として,このカテでも評価の高いウィズダムにも,この用法はまったく触れられていません。

 #5のところで,notice には「気づかせる」という意味はないと申し上げましたが,ジーニアスに,主に米用法として,notice 人 to do の形で,「人に~するように通知する」という表現が載っています。

 さらに,S V (that) 節で「~だと通知する」という意味が載っています。notice 人 that 節については触れられていません。

 そこで,ジーニアスの大辞典をみると,「(人に)~するように/~だと通知する」として,I noticed him to do [that he had to do] the work by tomorrow. という例文が載って...続きを読む

QPlease be informed that ~

Please be informed that S+V
を日本語にして頂けますか??

Aベストアンサー

「S+V であることをお知らせします。」

という訳でOKです。

Please be informed
Please be advised
Please be noted

など、同じ使用方法です。

その他Please be reminded (再確認)などもあります。

Q○○さんをCCに入れて…

英語での取引先のE-mailで、
先方に○○さんをCCに入れてくださいと
書きたいのですが、どう書けばいいのでしょうか。

こんなんでしょうか?
Please CC Taro-san next time.
Please add Taro-san as CC next time.

Aベストアンサー

アメリカに37年半住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。

CCはcarbon copyの意味で使われそのイニシャルをとって「略されて」使われていたのですが、今では立派な「動詞」として使われています。 CC(シーシー)ですね。 過去形・過去分詞形はCCedとかCC'dと言うような表現も定着してきています。

I will CC you his e-mail.といったり、He CC'd me your e-mail of yesterday so I know what you are talking about.と言う漢字で使われているわけですね。

これを踏まえると、Please CC your e-mails to Taro-san next timeと言う表現が出来るわけです。 次回だけでなく次回からと言うフィーリングであればfrom next timeと言う表現に変えればいいですね。

これで、~さんにも送ってください、と言う表現になりますが、「今度(次回と言う意味ですが)メールを送るときに同時に~さんにも贈ってください」と言う意味合いと、更に、CCにTaro-sanのメルアドを「入れる」ことで(これをCCと言うわけです)、「同時にコピーをTaro-sanに送ったということを私が分かるようにしてください」と言う意味合いも含まれていることも知っておいてください。 受け取ったメールにCCとしてTaro-sanのメルアドが無ければコピーを送ったとわからないと困る、とか、送ったとわかれば仕事もしやすい、と言うような理由でCCしてください、と言うお願いをするわけですから。

これでいかがでしょうか。 分かりにくい点がありましたら、補足質問してください。 

アメリカに37年半住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。

CCはcarbon copyの意味で使われそのイニシャルをとって「略されて」使われていたのですが、今では立派な「動詞」として使われています。 CC(シーシー)ですね。 過去形・過去分詞形はCCedとかCC'dと言うような表現も定着してきています。

I will CC you his e-mail.といったり、He CC'd me your e-mail of yesterday so I know what you are talking about.と言う漢字で使われているわけですね。

これを踏まえると、Please CC your...続きを読む

QI hope this email finds you well. とは?

友人からのメールで冒頭に I hope this email finds you well. とありました。日本語に置き換えるのであれば
どう訳せばいいのでしょう?findを何と訳せばいいのか分りません。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

これは通信文でよく使われる表現です。昔はemailの変わりにletterでしたが・・・

日本語では一般名詞が人称名詞と同様に主語になるケースは犬、猫など限られた動物だけですが、欧米語では、抽象名詞でも自然現象(風、雨など)でも主語になります。

この慣用文は日本語なら「(私はあなたが)お元気のことと思います」というところを欧米人の習慣(発想)から「このメールがあなたが元気であることを見出すことを期待します→お元気のことと思います」と表現しています。

参考;How do you find yourself this morning?
今朝、あなたはあなた自身をどのように見出しますか→今朝はご気分いかがですか。

Qrevert

よくメールで「I will revert to you.」とあるのですが、このrevertはどういう意味でしょうか?

Aベストアンサー

一種のシングリッシュかもしれません。

http://www.goodenglish.org.sg/site/improve/english-as-it-is-broken/please-revert-soonest-possible.html

英語としては return の意味ですが、reply の意味で使う人たちがいるようです。

Please revert soonest possible であれば
「できるだけすぐにお返事ください」というつもりでしょうが、
Please reply as soon as possible が正しい英語です。

もっとも、long time no see のように、
正しくないはずのものが英語として普通に使われるようになることもあります。

Qduly noted

duly notedは「承知致しました」と言う意味だそうですが、お得意様からのメールにこの言葉だけで返信しても大丈夫でしょうか。失礼に当たらないですか。ほかに、一語で「承知しました」と言う言い方はありますか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

note という言葉はやや意味不明なところがありますので、正式な文書をこれだけで手短かに済ませるのはやや危険です。この単語を使うなら We have received your letter.We have noted your letter with thanks. とか We have noted your letter with many thanks. とか言葉を補うとよいと思います。

なお「承知」というのは日本語では「了解です。そのようにします」というニュアンスであったりしますが、note だけではその点は弱いので Understood. Will comply (with your request). 他、行動につながる表現が必要な場合もあると思います。

他に使える表現としては Certainly. とか All right. など。また内容次第ですが This is to acknowledge... なども使えます。

Qas per your requestについて

メールのやりとりでよくあなたのリクエストに従い~といった意味で「as per your request」を使用するのですが、他にも「at your request」や「as you requested」を見かけます。
細かい意味の違いや使い方がよくわからず気になっておりました。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

(1) as per your request
(2) at your request
(3) as you requested

(1)(2)(3) 大まかな意味は全く同じで、(3)→(2)→(1)の順に古くさいというか、もったいぶったというか、大袈裟というか、かしこまったというか、そんな感じです。

も一つついでに

(4) according to your request
(5) in compliance with your request
(6) in complying with your request

達も仲間ハズレにせず入れておいて。

Qこれは英語でどういいますか?

先方に出すメールです。

「交渉が予定より長引き、結果がまだ出ておりません。もう少しお待ちください。」の「もう少しお待ちください」の部分はどのように言ったらいいでしょう?「Please wait for a whie」では、ちょっと違うような感じがするのですが・・・。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

アメリカに35年ほど住んでいる者です。

惜しいですね. Please wait for a little while longer.と言う言い方をして、もう少しお待ちください、という表現をします.

まって、という表現のほかに、時間を下さい、という言い方で、Please give us a little more time. と言う表現もします.

また、必要です、という言い方を使って同じフィーリングを出す事も出来ます. Unfortunately we need a little more time. 和訳すると、必要です、ですが、中のフィーリングは、ですから、もう少しお待ちください、ということになります.

相手は待っているわけですから、ただ単に辛抱強く待っていてください、といわれただけでは、やはり満足しませんね.

ですから、We will make sure to get back to you as soon as possible.とか、硬い言い方をしたければ、Please be assured we will revert you the soonest.と言う言い方もありますが、何らかの形で、必ず結果を持ってきます、と一言でも言う事で、ビジネスの姿勢と言うものが違って感じ取られます.

これでいかがでしょうか。 分からない点がありましたら、また、補足質問してください。

アメリカに35年ほど住んでいる者です。

惜しいですね. Please wait for a little while longer.と言う言い方をして、もう少しお待ちください、という表現をします.

まって、という表現のほかに、時間を下さい、という言い方で、Please give us a little more time. と言う表現もします.

また、必要です、という言い方を使って同じフィーリングを出す事も出来ます. Unfortunately we need a little more time. 和訳すると、必要です、ですが、中のフィーリングは、ですから、もう少しお待ちください、と...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング