【iOS版アプリ】不具合のお知らせ

Talk to you laterと Talk to you soonについて、違いはあるのでしょうか?
最近仲良くなった人がいるのですが、最初の頃はメールにTalk to you later と書いてたのが最近ではSpeak soonになりました。
意味の違いがあれば教えてください。

A 回答 (3件)

>Talk to you laterとTalk to you soonについて、違いはあるのでしょうか?



どちらも決まり文句ですから深い意味はありません。

>最近仲良くなった人がいるのですが、最初の頃はメールにTalk to you later と書いてたのが最近ではSpeak soonになりました。意味の違いがあれば教えてください。

Talk to you soonの件とは別のご質問ですね。私はTalk to you laterやTalk to you soonはものすごくよく目にしますが、Speak soonは、今、初めて知りました。調べてみましたが、確かに使うことは使うようですね。

お友達は、Speak soonという”新しい”表現を覚えて使いたくなったのではないでしょうか。なんか、歯切れがよくてカッコいい言い方ですしね。また、慣れない相手、とりわけ英語を母語としない相手には、(Talk to you laterのような)無難な表現を使ったほうが安心ですが、慣れてきて「この相手になら、ちょっと冒険しても通じそうだな」と思ったのかもしれませんね。「その表現、おもしろいね」などと水を向けてみるのもいいかもしれません。
    • good
    • 0

Talk to you laterと Talk to you soonの違いは特に無いようです。



※ちなみに、Talk to you later と Speak soonの違いも特にないそうです。

主にまたね!!!という意味で使われるそうですが
時には、セールスがしつこいなどの時に用いられる言葉ともなります。

*友達同士で使う場合には深い意味はないみたいです。

こんな感じでよいでしょうか・・・
    • good
    • 0

soonもlaterも友達同士のメールのやりとりの最後に書く場合は、シメの言葉のバリエーションぐらいに考えて宜しいです。

ですからtalk to you laterでもspeak soonでも「またメールのやりとりしようね」っていう挨拶です。
ただ、実際に顔をあわせる場合や、ビジネスメールなどでは、ある意図をもって使い分けます。
later=after the present time (現在から後)
soon=in a short time from now on (今からちょっと後)
ですから、使う側が近い将来や、予定している将来を意味するならばsoonで、遠い将来やいつと決めていない場合はlaterです。
Talk to later(また後ほど)は、次の連絡をいつと決めたくない場合や、相手とのコンタクトをやんわりと断りたい場合などにも使います。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング