こんにちは。勉強の為にWikipediaにあるような英語を自分なりに英訳しようとします。そうすると変な日本語になってしまいます。文に沿って訳をしていくと直訳みたいになってしまったりします。TOEICは900点近くあり、英語で読む文には理解はできます。ただ日本語の国語力がないのか、文の組み立てが下手だと思います。将来翻訳家を目指すとしたら、翻訳養成所みたいな所に通った方がいいんでしょうか?現在は翻訳を生業にしていないので、変な訳でも社内では意味が通じてくれますが、プロとやっていくには失格レベルです。翻訳家という職業を目指すにはどうしたらよいでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

翻訳(書籍専門)の仕事をしております。



すでに英語力は十分にお持ちの方だと思いますが、「英語を理解する」ことと「翻訳すること」はまったく違う作業であることを痛感されているかと思います。実際その通りでして、翻訳というのは「英語が使える」ことを前提とした上での「柔軟な日本語運用能力」の世界なんです。英語がわからないで和英翻訳しようとする人はいないと思いますが、英会話が不自由なくできて、英語で文章も自在に書ける人であっても、「翻訳(受験のための単なる英文和訳ではない)」となると、これはまったく違った技能を磨かなければなりません。

翻訳家養成所の中にも、そういう技能を磨けるいいところがあるかとは思いますが、中には受験の英文和訳とあまり変わらない内容の講義だったりするところも多くありますので、十分慎重に選んでいただきたいと思います。

日常的にできる練習方法としては、1つの英文を「できるだけ多くのパターンの日本語に和訳してみる」というのがあります。文法的構造を忠実に踏まえ、単語の訳しもらしがない和訳が基本ではありますが、その結果の多くは「いかにも英文から日本語に訳した」というにおいの強い「翻訳調」の和文になってしまいます。

そこからもう一歩先に進むには、英文から汲み取られる「状況そのもの」を直接的にイメージし、「同じ状況におかれたとき日本人なら思わずどんな言葉を発するだろうか?」を考えてみるとよいでしょう。

時に大胆な意訳を、時に(英文解釈の発想から離れられない人が読めば)なぜそんな和訳になるの?と思えるほど大きく言い回しを変えた日本語にしてみたり(しかしそこに述べられている事実は英文と同じ)。

1つの英文を最低でも5通り以上の違った表現で和訳してみるのです。

あと映画のシナリオ翻訳や字幕翻訳、さらに吹き替え翻訳を大いに参考にしてください。同じ英文を元にしていても、実に変化にとんだ、そして工夫の凝らされた翻訳がそこにあり、大変参考になります。

和英対訳のシナリオ翻訳などでは、比較的、英文解釈的な原文に忠実な和訳がなされており、それでいて日本語として自然な言葉遣いにも配慮があります。

字幕翻訳では、場面の切り替わりというタイミング、すなわち字幕を読んでいられる時間的制約を意識し、加えて字幕の書ける限られたスペースにまとめきれる文章量でなければならず、そういう制約の中での翻訳家の苦労や工夫が随所にうかがえます。

さらに吹き替え翻訳では、登場人物の口が動いている時間にあった文章量でなければならず、性別や職業などキャラクターがにじみ出る言葉遣いにも十分な注意が払われます。直訳調のせりふを登場人物がしゃべっていたらなんともこっけいですよね。

特に字幕や吹き替えでは、原文の単語を大胆に切り捨てて翻訳されていたり、逆に原文にない表現を加えて時間調整をしていたりさえします。しかし、そういう翻訳家のオリジナリティを加えすぎてもストーリーが変わってしまっては困りますし、場面の味わいは保たなければなりません。ジョークの翻訳など感心するテクニックが見つかったり、逆に「ああ、ここは逃げたな」と思える箇所もあったりします。

このように映画の対訳、字幕、吹き替えの翻訳を研究することで非常に多くのメリットがもたらされます。

そして英語とは別に日本語の表現能力そのものを磨いてください。初見で読んでも、よどみなくスムーズに意味が汲み取れる美しい日本語を書く練習です。翻訳家の実力は結局「日本語の表現能力にかかっている」と言っても過言ではありません。

何かを素材に翻訳練習し、その和文を自分で読み直してみて「最初から日本語で考えて日本語で書いたような自然な日本語」にするにはどうしたらいいかを悩みます。つまり翻訳結果の日本語そのものを推敲するのです。その力を伸ばすには「日本語の勉強」が不可欠です。日本語ネイティブですから自然な日本語かどうかの感覚的判断はできますが、それを自分で「生み出せる」かどうかは、訓練次第です。

また美しい日本語の語感を培うためには、現代語だけでなく古典にも触れることをお勧めします。流麗な日本語の音とリズムを自分の感性に取り込んでいく努力が重要です。

できることなら何らかの素材を通じて、具体的なアドバイスができればいいのですが、ここでそれは無理ですので、上記を参考にしていただき、是非とも夢を実現してください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁寧に解説して頂いてありがとうございます!!よく映画を見ていて字幕と言っていることが違うので、なんであんな訳するんだろうと思っていましたが、そこにはいろいろな苦労があるんですね。

>できるだけ多くのパターンの日本語に和訳してみる

これは今までしたことがありませんでした。会社内で和訳をしたり、勉強として英文を自分なりに和訳したりしますが、1回訳しただけで終わりです。自分でひどい訳だなーとは感じるんですがそれ以上の事はいままでしませんでした。これからはなるべくいろんな和訳を心がけるようにします。自分に足りないところが見えてきました。ありがとうございます。

お礼日時:2007/11/27 16:09

アドバイスできる立場ではありませんが、学校に通ってみた経験談です。



会社帰りに週1回、翻訳講座に通ったことがあります。
私の場合は英語力が足りなくてお話になりませんでしたが、なるほどそういうものなのか~、というのは理解できた気がします。
難しさも。

いきなり綺麗な日本文にせず、中間訳を作って、それから文を整える、ということを読んだことがあります。

翻訳学校は翻訳のコツを教えてくれるところでした。
先生の話や他の生徒の訳や質疑応答などに触れられるので役立ちますが、念の為、「修了しさえすれば仕事が来る」というものではありません。

市販の本でパラパラと読んでみたのは(ちゃんとやってないんですけど)
http://www.amazon.co.jp/%E3%83%88%E3%83%A9%E3%82 …
http://www.amazon.co.jp/%E7%BF%BB%E8%A8%B3%E6%95 …
http://www.amazon.co.jp/%E5%AE%9F%E5%8B%99%E7%BF …
http://www.amazon.co.jp/%E8%AA%9E%E5%AD%A6%E3%81 …
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru_reply.php3?q=3 …

翻訳業には英語力と日本語力の他に、調査力も必要。
提出形式を守る、締め切りを守る、連絡が良い、なども、仕事を得るには大事らしいです。
発注者も人間ですし翻訳もビジネスですので、仕事しやすい人が有難いんですって。

ucokさんお勧めの『直訳克服!バランス翻訳の法則』は4つの分野について載っているようで、良さそう・・・・。
バベル・プレスって翻訳のバベルですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご紹介頂いた本は一部近くの図書館には無いみたいなので買って読んでみたいと思います。「中間訳を作る」ですが、私はいきなり直訳して「意味は理解できるけど、日本語としては文章になっていない。」という訳をしていたので、中間訳を作る、原文から離れるを心がけたいと思います。

プロとしてやっていく心構えは勉強になります。現在の職は締め切りらしきものはありますが、それ以外の所は自由にやっているので、そんな気持ちで翻訳家を目指したら痛い目にあるのがわかりました。アドバイスありがとうございます!

お礼日時:2007/11/27 16:32

翻訳で一番大事なのが「原文から離れる」ことです。



外国語を理解できる人は五万といるし、母国語が上手に書ける人はもっといるわけですが、それとは別にこの「原文から離れる」ことができればできるほど、良い翻訳なわけです。

で、その「原文から離れる」には、具体的にどうしたらいいかを、皆さんご回答に書いてくださっているわけですが、私もアドバイスをひとつ。その直訳調にできあがった訳文(仮にAとする)を、とりあえずそのままにして、他の文書の訳を進めておき、1週間くらいしてから、またAを見て、自然な日本語にしてみてはどうでしょう。つまり、原文の英語のことは一切考えずに、あなた自身が作った変な日本語を、あなた自身の手できれいな日本語にしてみるのです。これは実際に、プロも頻繁にやる方法です。

それから、私が参考になったと感じた書籍を紹介します。椋田直子・高野優 著『直訳克服! バランス翻訳の法則』と岳真也 著『日本語はこう書く』(ともにバベル・プレス出版)です。これで日本語を磨けます。学校も訳には立ちますが、一般的な実務翻訳を目指しているなら、独学でしばらく続けてみてもいいでしょう。

とにかく、翻訳という作業は根気と時間を要します。そこを見くびってドロップアウトをしてく人が多いです。今回のご質問文も慌てておられたから間違えたのかもしれませんが、じっくりと時間を掛けて日本語を書く練習をしてみるようおすすめします。

ところで、翻訳で一番大事なのが「原文から離れる」ことなら、プロとしてやっていくために一番大事なのが「しっかりとした事務処理能力」です。例えば、こうしたQ&Aサイトをご利用になる際にも、いかに、きちんとルールを研究でき、それに従えるかといった丁寧さが、案外とものを言ったりするのです。前回のご質問ではいただけなかった各ご回答へのご意見、お待ちしています。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご紹介頂いた本は近くの図書館にあるみたいなのでさっそく借りてきて読んでみたいと思います。「原文から離れる」、これは今までしたことがありませんでした。原文が全てで原文に沿って訳をしないとそれは翻訳(和訳)ではないというのが頭のどこかにありました。なので変な訳になってしまうということが理解できました。

またプロとして事務処理能力ですが、これは今まで自分がいい加減な事をしていた事がわかり愕然としました。私はエンジニアなのでエンジニアとしての仕事以外の事は適当にこなすところがありました。私は日本語も上手だとは思わないですし、英語もプロの方々と比べるとまだまだというのは実感しておりますが、それ以外の所でいたらない所があるということが理解できました。勉強になります、ありがとうございました!!

お礼日時:2007/11/27 16:22

普段英語を多く使ってるせいか、わたしも日本語がかなりおかしくなっているのがわかります。

外国人と日本人と混在した場所では、外国人に日本語で話しかけたり、日本人同僚に英語で話しかけたりもありました。なにがそうさせているのかはわかりませんが、仕事の場面で会話は止まれませんので、そのまま進行していますが。

Wikipediaは、日本のWikipediaでもそうですが、書き手のくせがとても出ています。話し言葉に近いような書き方をするネイティブもいますし、ポツポツあるいはブチブチと文を切りながら書いている人もあり、その文章の印象もブチブチときれているのでそっけなく、訳をつけるにしても、あじけなく直訳的になりがちです(Wikipediaの場合文章に書き手の性格をつよく感じるため、あまり意訳したくない場合もあります)。

過去に通訳になった人と、字幕ライターになりたかった友人がいました。どちらも専門の学校にかよっていました。通訳の人はサイマルに、字幕の志願者は青山にあった映画の字幕翻訳の会社に通っていました(後者の人は挫折しました)。字幕学習用のテキストをみせてもらったことがありますが、なかなか一般では見ないような内容でしたので、翻訳もある意味ジャの道は蛇ではないですが、その道のスクールは有効かもしれません。通訳の人は、いろいろ学校を調べていたのを覚えています。

ところでWikipediaですが、英語で新規のページを7~10記事ほど立ち上げたことがあります(数ははっきり覚えていない)。画像も5つアップしています。そして、記事を書いたあとは自己満足に陥らないよう、必ず加筆依頼を公開の場所に出しておきます。
最初の頃は、私はネイティブに全体的にいじられると思っていましたが、おもしろいことに全面的に書き替えられたものは1つのみで、むしろ私のくせというか思い込みでよく使う慣用表現や前置詞のみに修正がよくはいることが多いとわかりました。
また、文面や画像のファイル名にkoreaとついていると、韓国系アメリカ人がすぐに内容を修正にきたり、この画像は韓国を誤解させるなどの意見表明をし削除すべきだなどノートで議論します。なにか巷でうわさの韓国の活動団体が本当にいるのだろうな、と思わせてくれます。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

私は外人さんとは話す機会がありませんが、無意識に英単語を交えて話してしまうときがあるので相手に意味がわからないと指摘される時があります。

字幕翻訳は翻訳の中でも違った難しさがあるみたいですね。自分はエンジニアなのでエンジニア関連の翻訳が将来できたらいいなと思っています。
ご意見ありがとうございました!!

お礼日時:2007/11/28 00:24

こんばんは。

このご質問の日本語も失礼ながらヘンです。
「まず英語をじぶんなりに英訳」とはどういうことですか。
「英語で読む文には理解はできます」これもヘンです。
「日本語の国語力」・・・
「変な訳でも社内では意味が通じてくれますが」・・・

とにかく日本語がヘンですね。翻訳以前の問題です。毎日きちんと新聞を読んでいますか。
翻訳といっても 日→英 英→日 がありますが 目指していらっしゃるのは どうやら 英→日 ですね。つまり和訳ですね。
英語の勉強に熱心になるあまりきちんとした日本語で書かれた本をじっくりお読みになったことがないのではないでしょうか。

また一方 翻訳は技術でもあります。
お仕事をしていらっしゃるので学校に通うのは大変ですよ。まずは翻訳の通信講座などを一度受けてみられたらいかがでしょうか。
これなら家でじっくり取り組むことができます。

それと読書をしてくださいね。
英語力は国語力でもあります。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q英語版ウィキペディアが翻訳できません

以前は英語版のウィキペディアも、翻訳サイトを使って読むことができたのですが
去年の末頃から、翻訳サイトで翻訳しようとすると
「インターネットサイト~を開けません。操作は中断されました」と表示されてしまいます。
そして「ページを表示できません」の画面に移行してしまいます。
ニフティ翻訳でもグーグル翻訳でもヤフー翻訳でも同様です。
でも、以前は問題なく翻訳できたんです。一体何がいけないんでしょうか?
みなさんはどうですか?また、英語版ウィキペディアを翻訳して読むためには
どうすれば良いのでしょうか?どうかご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

英語版ウィキペディア("ttp://en.wikipedia.org/")側が、"JavaScript"で翻訳出来ないようにしています。

Internet Explorerをご使用なら、[ツール]⇒[インターネットオプション]⇒[セキュリティ]タブの『インターネット』を選択し、下の[レベルのカスタマイズ]をクリックします。『セキュリティの設定』ダイアログが開きますから、

□スクリプト
 ・・・・
 □アクティブ スクリプト
  ○ダイアログを表示する
  ○無効にする
  ○有効にする
 ・・・・

が『○有効にする』になっていると思いますので、『○ダイアログを表示する』か『○無効にする』にチェックを入れて[OK]をクリック⇒『このゾーンに設定されているセキュリティのレベルを変更しますか?』に対し[はい(Y)]をクリック。
(『○ダイアログを表示する』にチェックを入れた場合には、翻訳しようとすると、何回も『スクリプトは通常、安全です。スクリプトを実行できるようにしますか?』というメッセージが表示されますが、その都度[いいえ(N)]を選択してください。)

『Excite翻訳による英語版ウィキぺディアのトップページ』(上記の設定後なら、翻訳できるはずです。)
http://www.excite-webtl.jp/world/english/web/?wb_url=http://en.wikipedia.org/wiki/Main_Page&wb_lp=ENJA

『Google翻訳による英語版ウィキペディアのトップページ』(同上)
http://translate.google.co.jp/translate?u=http%3A%2F%2Fen.wikipedia.org%2Fwiki%2FMain_Page&hl=ja&ie=UTF-8&sl=en&tl=ja

参考URL:http://www.excite-webtl.jp/world/english/web/?wb_url=http://en.wikipedia.org/wiki/Main_Page&wb_lp=ENJA

英語版ウィキペディア("ttp://en.wikipedia.org/")側が、"JavaScript"で翻訳出来ないようにしています。

Internet Explorerをご使用なら、[ツール]⇒[インターネットオプション]⇒[セキュリティ]タブの『インターネット』を選択し、下の[レベルのカスタマイズ]をクリックします。『セキュリティの設定』ダイアログが開きますから、

□スクリプト
 ・・・・
 □アクティブ スクリプト
  ○ダイアログを表示する
  ○無効にする
  ○有効にする
 ・・・・

が『○有効にする』になっていると思いま...続きを読む

QTOEIC 勉強法 TOEICのスコアが400点でした。 800,900点を目指して勉強しようと思っ

TOEIC 勉強法

TOEICのスコアが400点でした。

800,900点を目指して勉強しようと思っています。点数をあげるために、英語力を身に付けるために、どういう勉強をしていけばいいですか??

Aベストアンサー

800,900点のレベルの点を取るような人はプラクティカル(つまり会話したり、小説や雑誌読んだり、英語で仕事とかで書いたり)な英語にも取り込んでいる人が多いです。また問題集とかTOEIC用参考書とかに張り付いて一問一問理屈を抑えていくより、プラクティカルな英語で得られる感覚をつけていくほうが早道であったりもします。リスニングも必要でしょうから、NHKのラジオの講座など聞くといいでしょう一週間分を一週間繰り返しで聞くぐらいがいいです。NHKのラジオ講座をすすめるのは、解説も番組でしてくれるので、聞いているだけでもかなり吸収できます(他の市販の音声教材だと音声は英語を聞けるけど、解説はいちいちテキスト読まないといけないので勉強しようとする意思の弱い私には向きませんでした。まあただ教材向き不向きがありますので違う音声教材のほうがやりやすそうと思うならそういうのでもいいです。

あ、そうそうそういえばこういうのもありますね。
http://www6.nhk.or.jp/kokusaihoudou/abcns/

Q英語論文の翻訳をしようとしているのですが私はあまり英語ができないので電

英語論文の翻訳をしようとしているのですが私はあまり英語ができないので電子辞書で翻訳をしようと思っているのですが、電子辞書だけでは不安です。どなたか翻訳するのにいい文法書 教科書 をご存知の方がいたら教えてください

Aベストアンサー

>あまり英語ができないので電子辞書で翻訳をしようと

翻訳者は辞書を使わないわけではないです。むしろ何種類も使うんだと思いますよ。

私は英語学習者なのでプロのことは分かりませんが、
辞書的なデータベースで便利なのは英辞郎です。
これは無料版ですが有料版もあります。機能が多いのかな?「データ提供」からダウンロードできるらしい。
http://www.alc.co.jp/index.html

文法書や教科書はご自分のレベル次第だと思いますが、調べたり参照するには旺文社の『ロイヤル英文法』なんかどうでしょうか。

QTOEIC900点台を取る勉強法

現在TOEICで800点台なのですがなんとかテストで900点台を取得したいのですが(もちろん英語の勉強がそれで終わりであるということではなく、目安の一つとしてまずはその点を欲しいと思っています)
皆様はどのような学習をされていますでしょうか?
色々と教えて頂けたらとてもうれしいです!

Aベストアンサー

こんにちは。
「もちろん英語の勉強がそれで終わりであるということではなく」 、、、この意欲と姿勢に頭が下がります。頑張って下さい。

先行の方が掲げておられる参考サイトに最近「TOEIC900点を越えるには?」という同様のご質問があり、やはりそこに回答させて頂いた duosonic です。TOEICは生まれて初めて受けて950点以上でした。

合っている勉強方法というのは人によって違うので、参考になるか分かりませんが、テストに際する僕の考え方、アプローチが書いてありますので是非ご覧になって下さい。

900点というのは一つの「壁」であることは確かのようですね。でも budegonさんの場合、800点以上の基礎を既に持っているということですから、英語の知識・技能よりも、むしろ「各セクションにおける自分のアプローチ方法の確立」を考えるべきところに来ているんだと思いますよ。

これは誰の真似をするのというものではありません、自分で確立するものです。そして実際のテストの時、パッパッと「セクション毎アプローチ方法」が切り替わるようなトレーニングをされたらいかがかなと思います。TOEICにはTOEIC、英検には英検の勉強が必要だということですね。


ご参考までに。

こんにちは。
「もちろん英語の勉強がそれで終わりであるということではなく」 、、、この意欲と姿勢に頭が下がります。頑張って下さい。

先行の方が掲げておられる参考サイトに最近「TOEIC900点を越えるには?」という同様のご質問があり、やはりそこに回答させて頂いた duosonic です。TOEICは生まれて初めて受けて950点以上でした。

合っている勉強方法というのは人によって違うので、参考になるか分かりませんが、テストに際する僕の考え方、アプローチが書いてありますので是非ご覧になって下さい。
...続きを読む

Q英語本文を翻訳する機材、又はソフトなどありますか?ご存知の方、教えてください。

英語本文を翻訳する機材、又はソフトなどありますか?自分で入力した英語の本文を日本語に翻訳させたいんですけど・・・ご存知の方、お願いします。

Aベストアンサー

Web上でできる簡単なものでよければ、以下のようなものがあります。
私自身、英語文章を書く際、ちょっとした確認をするのによく使っています。

◆Yahoo!翻訳(下部の翻訳結果欄で単語ごとの訳語を確認でき、辞書にもリンクしてあって便利です。)
http://honyaku.yahoo.co.jp/

◆Google 翻訳(対応言語がすごく多いです)
http://www.google.co.jp/translate_t?hl=ja

◆excite 翻訳
http://www.excite.co.jp/world/

QTOEIC900点突破の勉強法について

TOEICで900点以上のスコアをとった経験がある方にお聞きします。
900点とるなんて無理と思いつつも、世の中とっていらっしゃる立派な方々もいらっしゃるので自分も挑戦してみたいと思います。期間は2カ月あります。
実力は今年の1月末に815をとって、そのあとあまり勉強していないので今では700点くらいかなーと思います。815をとったときはListening425,Reading390でした。どちらも力不足ですがリーディングの方が弱いですし苦手意識もあります。時間が足りてないので読むのが遅いのだと思います。

この状況で期間が2カ月あったとして、どういった勉強法がおすすめですか?

ネットでも調べてみましたが種類がありすぎて悩みます;
とりあえずは模試をときまくるのがいいのか、リーディングやグラマーに力を入れて勉強すべきなのか。。お勧めの勉強法があれば教えて頂きたいです。よろしくお願いします>_<

Aベストアンサー

こんにちは。
とりあえず模試を解きまくるのがいいかと思いますが、中でもTOEICの「攻略本」が結構出回っていますので、そういうのを試してみるのも手だと思います。

Q翻訳の仕事にはどの位の英語力が必要ですか

翻訳の仕事にはどの位の英語力が必要ですか
翻訳を仕事にするには、どのくらいの英語力が必要でしょうか。
例えば、TOEIC等では何点くらいの学力が必要でしょうか。

Aベストアンサー

翻訳に要する英語力と言っても、一言では答えが出ません。
所謂産業英語/科学英語/実用英語等と言っても人によって守備範囲が異なるでしょう。一般的な英語力は高ければ高いほど好いに決まっています。TOEICなんて存在しない時代から色々な分野の翻訳者が一定の会社に所属せずに技術書などを日本語に、またその逆を仕事としてやっていました。ですから、TOEICなどはあまり考慮しなくても、実力を高めればよいだけです。英語力も欠かせませんが、専門分野を持たないといけません。細かく言えば、機械の中でも色々分類されますね。
電気、電気、電子、など知識を持っていないと使い物になりません。

私は現役時代、社内で英訳/和訳をやっておりました。家庭電気器具のメーカーで外国の企業の下請け/OEMをやっている会社でした。米国の主力メーカーから資料を貰い、その文書を日本語に訳したり、こちらからの開発提案を英語にして 
先方へ情報を流すような事をやっていました。先ず困ったことは、技術表現(日本語/英語両方で)、部品名(日本語/英語共に)、などを改めて現物で身に付けることでした。

私はTOEICは全く受験したことはありませんでした。必要を感じなかったので、、。英検は一回だけ定年の一寸前に、英語力を確認するために2級ならほぼ間違いなく取れるなと判断し受験しました。2級合格と言ってもピンからキリまであるので、なんとも言えませんが、85%ぐらいだったと記憶しています。100%取れれば大意張りできるでしょうね。2級と言うと軽く考える人が殆どでしょうが100%正解はかなり困難でしょう。社内の仕事なら、自分の解釈を相談できる人も身近にいるので英検準1級もあれば充分でしょう。無論、会社で扱っている製品の知識は技術者に準じるくらいあればOKです。

とわ言っても、翻訳業として開業して翻訳会社などから依頼を受けて本業とするには、其れこそ大いなる努力やツテも必要でしょう。生半可な考えでは、開業までは行き着かないでしょう。翻訳会社の募集に応募することと、翻訳学校の通信講座を受けて力を高めることも必要です。
                               

翻訳に要する英語力と言っても、一言では答えが出ません。
所謂産業英語/科学英語/実用英語等と言っても人によって守備範囲が異なるでしょう。一般的な英語力は高ければ高いほど好いに決まっています。TOEICなんて存在しない時代から色々な分野の翻訳者が一定の会社に所属せずに技術書などを日本語に、またその逆を仕事としてやっていました。ですから、TOEICなどはあまり考慮しなくても、実力を高めればよいだけです。英語力も欠かせませんが、専門分野を持たないといけません。細かく言えば、機械の中でも色々分...続きを読む

Q3月受験のTOEICスコア845点。。900点の壁を突破するには?

3月受験のTOEICスコア845点。。900点の壁を突破するには?

3月受験のTOEICスコア845点。。900点の壁を突破するには?

お世話になります。
今日、2010年3月受験のTOEICスコアがオンラインで発表となりましたが、
当方の点数は845でした。
1年に2回のペースで受けているのですが、
800点以上になって以来、
2009年3月  840点(リスニング445、リーディング395)
2009年10月 855点(リスニング445、リーディング410)
2010年3月  845点(リスニング435、リーディング410)
でした。
それなりに勉強しているつもりなのですが、
900点の壁は突破できず、また、一年間スコアに大きな向上は見られませんでした。
また、今回はじめて時間内にリーディングがおわったので
点数に向上があるかと思いましたが変らずでした。
そして下記の通りリスニング中心の勉強をしてきて点数が下がったのにはとてもショックでした。
あらためて900点以上はすごいなあと思います。

「900点以上突破するには?」という質問はいままでいくつもあったこととは思いますが、
当方のやり方で間違っている点、足りない点があったら遠慮なく指摘していただけますでしょうか。

<普段の勉強>
・英語学校は利用したことがないです
・ALCのヒアリングマラソンでリスニング練習(受講して1年。日によりますが、2~4時間リスニング。主に電車の中で聞くので声にだしたりとかはあまりないです)
・時間のあるときに簡単な洋書を読む。
・休みの日は海外ドラマを日本語字幕、英語字幕付きあるいは字幕なしで何回かみる。
<TOEICテスト前>
・およそ一週間前に対策本に目を通し、また、
模試を2、3回やり、答え合わせ後、まちがったところのみチェックする。

基本的に勉強の方向性は1年以上かえていません。
しかし1年以上スコアに進歩がないので、
このままでいいのか、マンネリ化している気がして不安になります。

半年に1回なのが少ないのかと思い、今回は5月にもチャレンジしてみようかとも思ってます。
なにとぞよろしくおねがいいたします。
(長文大変失礼しました)

3月受験のTOEICスコア845点。。900点の壁を突破するには?

3月受験のTOEICスコア845点。。900点の壁を突破するには?

お世話になります。
今日、2010年3月受験のTOEICスコアがオンラインで発表となりましたが、
当方の点数は845でした。
1年に2回のペースで受けているのですが、
800点以上になって以来、
2009年3月  840点(リスニング445、リーディング395)
2009年10月 855点(リスニング445、リーディング410)
2010年3月  845点(リスニング435、リーディング410)
でした。
それなりに勉強しているつも...続きを読む

Aベストアンサー

私の最高スコアはまだ825ですが、900以上の知り合いはたくさんいるし、学習法の研究はかなりしているので、ご参考までに。

TOEICは上のレベルになるほど、学習時間に比例して伸びが鈍くなります。800以上ですと、毎日3時間、4時間とやっていても、次に伸びるまで1年以上かかるのは珍しくありませんので、気長に続けましょう。

基本的に大量のインプット中心の学習法は、とてもいいと思います。ただ、このくらいのレベルになると、10対1くらの割合でアウトプットも入れていくと、伸びがよくなるようです。アウトプットしようとすることで、インプットしたものがよりしっかりと定着するからかもしれません。別に会話スクールに行かなくても、学習仲間で会話してみたり、独り言を言ってみたり、学習サイトで英語日記を付けたりと、アウトプットの機会は作れると思います。

それから、声を出して読み上げる音読、素速く書き写しながら読み上げる音読筆写は、少しでもいいからやったほうが効率的です。聞くとか見るだけではなく、声を出す、手を動かすなど、さまざまな感覚を同時に使うことで、脳が活発に働くということが、脳科学の研究でもわかってきています。同じ時間をかけても、集中力が増すので、定着しやすくなります。

流して見聞きしたり、問題をやることが中心のようですが、数百語の短い文章を暗誦するまで繰り返すということをやってみてはいかがでしょうか。重要なのは暗記することではなく、自然に暗記してしまうくらい同じものを繰り返すことです。それを繰り返すことで、英文がしっかりと定着していきます。

私の最高スコアはまだ825ですが、900以上の知り合いはたくさんいるし、学習法の研究はかなりしているので、ご参考までに。

TOEICは上のレベルになるほど、学習時間に比例して伸びが鈍くなります。800以上ですと、毎日3時間、4時間とやっていても、次に伸びるまで1年以上かかるのは珍しくありませんので、気長に続けましょう。

基本的に大量のインプット中心の学習法は、とてもいいと思います。ただ、このくらいのレベルになると、10対1くらの割合でアウトプットも入れていくと、伸びがよくなるようです。ア...続きを読む

Q英語と翻訳について

私はこれまで、英文科を卒業したのですが、自分の語学力のなさ(留学経験は予算の都合によりありません)に悩んできました。
TOEICを受けたのですが、やはり外国渡航経験が少ないためか、リスニング(英語の聞き取り)がダメで英作文もそれほどうまくありません。英会話の経験が少なすぎます。
以前、英語の仕事を少ししたことがありますが、自分の甘さを痛感しました。国際部や輸出入の受発注の業務に就いたのですが、周囲は、2,3年の留学経験がある人が多かったのですが、私も英文作成などをしてみましたが、ビジネスレターでの英文作成は難しかったです。
取引先の外国人には、あなたの英文は単純明快でわかりやすいと褒めら
れたのですが、上司は非常に日本人式の英語を採点するので、何が正しい英語なのか、その事業所自体も、判断が明確ではありませんでした。
上司もさほど英語ができるわけではなく、結局、バイリンガル、ハーフなどの専属の通訳や翻訳家などを外注で雇用しており、普通の語学力ではまったく太刀打ちできないことを痛感しました。
特に難しかったのは英語での電話対応で、フィリピン人や、中国人の人のほうが有利ということがわかりました。
そこで、私は仕方なく、簡単な英文入力、レター作成の仕事をしてきました。ただ英文を打つだけだったりするのですが、簡単な語学力で仕事になりました。
しかし私は英語を仕事にするのではなく、英語を使って何をするかということを考えていました。輸出入の貿易関係の通関の仕事の資格をとろうかと考えたこともありましたが、内容が実務的ではありますが、貿易関係の仕事に就くこと自体が、難しく、仕事内容は海外からの貨物や荷物の受け渡しなど、船舶関係の男の仕事だということがわかり断念しました。となると、英語の翻訳の仕事に私は目をつけました。
なぜなら、ハーフや在日の人は、英会話や英作文能力があっても、「日本語の文章力がない」ということに気がついたからです。
ということで、元からリーディングが得意だった私は、緻密な日本語力が要求される翻訳、技術翻訳などの仕事をしたいと思うようになりました。翻訳家の村上春樹さんが、実は英語が喋れないけど翻訳家という事実を知り、翻訳家は英会話ができなくても、机にかじりついて勉強すればできるのか。と思ったのですが。
知人で留学した人をみかけましたが、大抵は、その成果としては、簡単な電話の取次ぎ程度しかできず、英会話ができる程度でした。
やはり海外の大学へ留学した人は、それなりに高度な英語力があるのですが、わたしには海外へ渡航するだけの時間とお金の余裕はありませんでした。通信で英語の翻訳を勉強しはじめたのですが、内容が難しく、やはり挫折してしまいそうです。
やはり翻訳家になるにも、海外への渡航経験がないとダメなのでしょうか。どうすれば、翻訳家で仕事がとれるようになるのでしょう。(バイト等でもかまいません)
翻訳家は飽和状態なのでしょうか。仮に努力して翻訳家になれたとしても、技術翻訳なども知識が要るため、やはり英語力+専門知識がないと、独立はほとんど難しいのでしょうか。
医療翻訳、技術翻訳、IT系、金融などの知識も私は乏しく、英語力に付加価値をつけていくのも難しそうです。簡単な経理の仕事をした程度で、貿易関係の仕事は英会話力が要求されるので自分には向いていないと思いました。
単純に外資系のセクレタリーになりたいとかそういう考えはありません。自分にはそういうのは向いていないと思うのですが。
翻訳力を本格的にブラッシュアップさせるには、やはり高額な費用を払い、翻訳学校へ通うしかないのでしょうか。
翻訳の仕事は薄給と聞いたのですが、そうなのでしょうか。
日本語力には、さすがに私は日本語に関しては実はネイティブ(って当たり前)なので、自分の日本語力を高めるために漢字の練習などしています。中途半端な英語を生かす方法がわかりません。
私に出来るのはせいぜい、英語のタイピングと、雑誌などをよんで概要をざっと理解する程度の語学力です。
英語はあきらめたほうが無難なのでしょうか。
悩んでいます。
プロの方のご意見があればと思うのですが、皆さん、どうやって自分の語学力を向上、かつ仕事に役立てることが出来ましたか?

私はこれまで、英文科を卒業したのですが、自分の語学力のなさ(留学経験は予算の都合によりありません)に悩んできました。
TOEICを受けたのですが、やはり外国渡航経験が少ないためか、リスニング(英語の聞き取り)がダメで英作文もそれほどうまくありません。英会話の経験が少なすぎます。
以前、英語の仕事を少ししたことがありますが、自分の甘さを痛感しました。国際部や輸出入の受発注の業務に就いたのですが、周囲は、2,3年の留学経験がある人が多かったのですが、私も英文作成などをしてみま...続きを読む

Aベストアンサー

技術翻訳の仕事をしている者です。(英和・和英)

単純にTOEICのスコアを上げることに意味はないとお考えのようですが、プロとして翻訳の仕事をするのであれば、TOEICで最低850点、できれば900点以上がとれるくらいの基礎力は必須です。
もちろんTOEICのスコアが高ければ翻訳ができるというものではありませんが、スポーツの基礎体力と一緒で、しっかりとした基礎力がないと応用も利きません。

>翻訳だって日本語がある程度できれば、できるかも。
というのも、原文(英語)を正確に理解できるだけの十分な英語基礎力があった上での話です。
TOEIC500~600では、ちょっと難解な文法や言い回しが多用された文章を正確に理解することは難しいと思います。
原文が正しく理解できていないのに、日本語力でカバーしようとするのは「創作」になりかねません。それではプロとしての仕事は成り立ちません。

よって、質問者様の場合、英語の基礎力を上げることが第一だと思います。

ちなみに私も旅行程度の短期留学しか経験がありませんが、独学で965点を取りました。翻訳者に必要な英語力は国内でも十分得られます。


ただ、ご指摘の通り、TOEICで高得点がとれるから良い翻訳ができるというわけでもありません。原文の意図をしっかりと読み取れる語学力、正確にわかりやすく表現できる文章力、技術文書のスタイルに慣れていることなど、様々な要素が必要です。

これらは日英の技術文書を多読したり、日英対訳を使って自分の訳と比べてみたり、テクニカルライティングの勉強をするなど、努力次第である程度のレベルまでは学習できます。

ですが、やはり一番身につくのは実務です。また、翻訳者としてやっていくには「経験」がものを言います。フリーランスでやっていくにしろ、どこかに勤めるにしろ、経験がないと門前払いというケースが多いです。じゃあどこで経験を積むんだよ!というのが翻訳者志望の人のジレンマだったりします。

その点については、質問者様は英文レターの作成などに携わったことがあるとのことですので、それらの経験とアップさせたTOEICのスコアをアピールすれば、どこかで翻訳に関わる仕事にもぐりこめるかもしれません。
そして、その経験をアピールして、さらに翻訳的な翻訳の仕事へ・・・というステップアップも可能かと思います。


ただ、以下の点が気になりました。
>通信で英語の翻訳を勉強しはじめたのですが、内容が難しく、やはり挫折してしまいそうです。
>医療翻訳、技術翻訳、IT系、金融などの知識も私は乏しく、英語力に付加価値をつけていくのも難しそうです。

誰でも何もない状態から始めるのです。もし「難しくて無理」と今の時点で思っているのなら難しいと思います。

私も文系出身で専門知識も何もない状態から始めましたが、「無理」と思ったことはありません。「絶対になる」と決め、翻訳者に必要な資質を調べたり考えた上で戦略を練り、自分に足りないものは補充すべく努力してきたつもりです。

コツコツと勉強を続けることは大変なことですが、ショートカットはありません。
その過程を楽しめたり、そうでなくても自分の夢のためだと思って我慢できれば、道は開けるかもしれません。

技術翻訳の仕事をしている者です。(英和・和英)

単純にTOEICのスコアを上げることに意味はないとお考えのようですが、プロとして翻訳の仕事をするのであれば、TOEICで最低850点、できれば900点以上がとれるくらいの基礎力は必須です。
もちろんTOEICのスコアが高ければ翻訳ができるというものではありませんが、スポーツの基礎体力と一緒で、しっかりとした基礎力がないと応用も利きません。

>翻訳だって日本語がある程度できれば、できるかも。
というのも、原文(英語)を正確...続きを読む

Q私は現在TOEIC750点ですが、最低800点以上になる為の最適な問題

私は現在TOEIC750点ですが、最低800点以上になる為の最適な問題集を探しています。どなたかお薦めの問題集があれば教えて下さい。出来れば模試のような実践的なものでトータルで力がつけられるものを探していますが、書店にはたくさんの問題集があり、どれが最適か迷っています。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

すでに複数の方が回答なさっていますので補足的なものになりますがご参照ください。

〈問題集について〉
個人が出版している本は時に偏りがあるので、協会が出しているものがいいのではないでしょうか。これを繰り返しやって自分のものにするのがいいと思います。新公式問題集は実践的で全タイプを網羅していますので、これを最低3回は繰り返されたらいかがでしょう。
書店にはさまざまな問題集があり、選ぶだけでエネルギーを使ってしまいます。悩んでいる人が多いことと、特効薬がないことの裏返しだとも思います。すべてが良書というわけではないのですから、見易さなども含めて、ご自分に合っていると思ったものを信じて、本の山に圧倒されないようにしましょう。

〈目標点について〉
目標まであと50点ほどですね。他の方も書かれていたように、苦手なところをアップさせるほうが点数が伸びやすいのですが、あなたの場合はどうですか。リスニング、文法、リーディング、他にも時間配分、集中力などで点数が大きく左右されている方もいます。

私もTOEIC受験します。
とにかくお互いに時間とのたたかいに負けないようにしましょうね。
落ち込んだり集中力が途切れたとおもったら引きずらず切り替えましょう。

すでに複数の方が回答なさっていますので補足的なものになりますがご参照ください。

〈問題集について〉
個人が出版している本は時に偏りがあるので、協会が出しているものがいいのではないでしょうか。これを繰り返しやって自分のものにするのがいいと思います。新公式問題集は実践的で全タイプを網羅していますので、これを最低3回は繰り返されたらいかがでしょう。
書店にはさまざまな問題集があり、選ぶだけでエネルギーを使ってしまいます。悩んでいる人が多いことと、特効薬がないことの裏返しだとも思い...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報