各工事現場での安全訓練って、どんだけのレベルのものをやっていますか?
専門の講師の先生に依頼して、やってもらっていますか?。。。。。。。。。。
そういうのって、工事金額が最低でも5億以上でないと、経費出ないと思うんですが、、、、、
5億以下の工事の場合、それこそ、赤字出血大サービスで、、、、、ってカンジですよね?
(弊社ではビデオや、安全関係の資料をできる限り集めて、勉強して、訓練に使用する資料については手作り感覚である事は否めないんですけど、、、、そういう風にやっています。本屋で売っているようなキレイな冊子を使って(専門業者に依頼などして作って)、専門の講師の先生を臨時で雇って、やっているところって、、、、最低でも5億以上の現場ですよね。そんな金額とてもじゃないが受注できないが。夢のままで終わる夢。コピー用紙1枚でさえ、ケチっているのに。。。。)
イマイチ理解できない。。。。。。。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

>弊社ではビデオや、安全関係の資料をできる限り集めて、勉強して、訓練に使用する資料については手作り感覚である事は否めないんですけど、、、、



うん、まあ、あちこちの現場に顔を出しますが、
どこもだいたいそんなところです。

確か、10億超のところでもそんなものだったと思います。

せいぜい店社の安全担当が講師をするために、
わざわざ遠くからやってくる。くらいでしょうか。


>それこそ、赤字出血大サービスで、、、、、ってカンジですよね?

安全教育をしろ。という現場なら、その金額は見積もりに入っているので、
それはないと思いますが。。
入っていない現場なら、うるさくやれとはいわれませんし。。
単に会社がコピー代をけちっているだけと思われます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
10億の工事でも、、、、そのレベルなんですね。。。。私の住んでいる地域は建設業者自体が良心的なのかな。。。。。。。他県はもっとすごいと思っていましたよ。。。。。

お礼日時:2010/01/13 19:48

私は安全安全と厳しく言わないといけない側ですが・・・


安全訓練ってほんと馬鹿げてて意味のないことだと思っています。
形だけでやってもやらなくてもなんら変らない
結局ゼネコン側の事故ったときの労基対策でしょう。
実際の現場はいくら声を大にして安全安全と謳っても
職人がそれを受け止めないと意味がないわけです。
職人は
自分の安全のために安全帯をしていません
自分の安全のためにヘルメットを被っていません
自分の安全のためにKY活動なんてやっていません
自分の安全のためにTBMもやっていません
全て監督にゼネコンに叱られるからやっているだけです。
たぶん自分の安全は自分持ちと言うルールに法律が変り
死亡事故起きてもゼネコンは法定安全設備だけで後の責がなくなれば
誰も安全帯やヘルメットなんてかぶらなくなるんじゃないですか?

自分の身の安全対策は他人に強制されても無意味だと思います。
自分が必要だと思う時に自分の中に発生するものだと思います。
職人はKYなんて本来安全を意識していないから
「高所作業時の安全帯着用の徹底」
「ヘルメットはアゴ紐を必ずすること」
「躓き転倒に注意すること」
「吊荷の下に入らないこと」
「安全通路は確保すること」
な~んてことしか書かないんです。
これがほんとに即自分の命に関わるような作業を行なう場合は
自分から考えられうる限りの準備をするはずです。
本当に工事現場で安全活動が大事だと思う人は
ゴルフに行ってもヘルメット被らずにはとてもプレーなんて
できないと思います。

・・・と人間の作るルールってもうちっとましにならんもんだろうかと
いつも思います。
    • good
    • 6
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

確かに万が一の時、、、、、のためでもありますもんね。。。

お礼日時:2010/01/13 19:50

工事現場では年に1度程度火災避難訓練はやりますが、基本的には下請企業でするものでやりません。


ただし、安全についての朝礼、会議などは、各業者から委員を任命して熱心にしています。
安全日誌、新規入場者教育、KYは、必修です。  協力しない下請け業者は出入り禁止に出来ます。

ゼネコンでは、各支店ごとに年に一度、協力会安全大会を実施し講師に監督署の幹部や著名人の講演を行います。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q外構工事の専門店?

今ハウスメーカーで新築を計画しています。
外構工事の金額がかなり高い割には
いまいちなんです。
神戸近くで外構工事をしているお店を知りたいのですが・・・
インターネットだとなかなか良し悪しがわかりません
gooを見ている人で経験された方のお話がききたい
のです。(旦那はハウスメーカーの方が安心だと・・)
実際どうなんでしょうか?
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>神戸近くで外構工事をしているお店を知りたいのですが
検索エンジンで「外構 神戸」で検索してみては?

>実際どうなんでしょうか?
外構工事専門業者はピンキリです。
しっかりしている業者もいれば、本当にただ造る(レベルの差あり)だけの業者もいます。

>ハウスメーカーの方が安心だ
ハウスメーカーの見積が高いのは、下請けの工事金額に利益を上乗せしてますし、営業経費やら何やらも乗っかっています。
ただし、品質管理をちゃんとやってますし、
完了後のフォローもしっかりしています。

外構専門業者も「当たり」の業者であれば、
ハウスメーカーと同等、もしくはそれ以上の仕事をします。

焦らず検討しましょう。

Q職業訓練と教育訓練給付制度

はじめまして。
離職を現在考えており、その後は失業保険をすぎにもらえるのと勉強をしたいのもあり、ハローワークの職業訓練を受けようと考えています。
その勉強は夕方前に終わるので、別のスクールにも通おうかと考えているのですが、職業訓練を受けた場合でも教育訓練給付制度を利用できるのでしょうか。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 出来ます。
 職業訓練(資格)の種類にもよりますが、退職後も一定期間の間は教育訓練給付制度の対象になります。

Qマンション(集合住宅)の大規模修繕工事でアスファルト舗装の工事を予定し

マンション(集合住宅)の大規模修繕工事でアスファルト舗装の工事を予定しています。
舗装の対象は500平方メートルです。
前回舗装してから20年ほど経過しますが、予算はどれぐらいが妥当でしょうか? ネットで検索すると1平米あたり3千円~5千円ぐらいでしたので、250~300万円ぐらいを想定していれば大丈夫かとも思ったのですが、実際のこれぐらいの費用で工事は可能でしょうか?
ちなみにこれを全部インターロッキングブロックにした場合の概算も教えていただけると助かります。
よろしくお願い致します。
なお、場所は首都圏近郊で平坦な土地です。

Aベストアンサー

アスファルト舗装の場合は施工業者によって価格が変動するので、一概に
この金額になりますよとは言えません。あなたが調べられた金額が、一般
的な平均金額と思われたらどうでしょうか。

以前に商店街のメインロードを、インターロッキングにて工事をした経験
があります。もちろん個人ではなく会社の指示により作業参加しました。
通常は地盤を水平に地均しをして転圧をし、砂かカラ練り(セメントに砂
を混ぜただけで、水で練っていない物。水で練るとモルタルになる。)を
入れて、その上にインターロッキングを並べます。主に家庭の駐車場等で
使われていますが、この方法は狭い場所で有効で広い場所では凸凹になっ
てしまいます。マンション等の広い場所では、凸凹にならないようにする
ため、最初にコンクリートで地盤を作り、その上にカラ練りを使って並べ
て行きます。車両等の重量物が乗っかるばしょですから、家庭の方法では
凸凹が出来て水たまりが出来てしまいます。

マンションの駐車場なら、短期間で駐車が出来るようにする必要がありま
す。アスファルト舗装の場合は、最初に古い舗装を剥いでから地盤整備を
します。部分的に作業をすれば住居者の迷惑も最小限に抑えられ、施工の
期間も短期間で終了します。午前中に舗装したら、午後からは駐車が可能
になります。インターロッキングの場合は、先程に説明したように、地盤
のコンクリートが完全に乾燥しなければ次の工程に進めません。
コンクリートが完全に固まり、その上にカラ練りを入れインターロッキン
グを並べ、最後に砂を入れて隙間を埋め、十分に散水してカラ練りに水分
を与え、カラ練りが水分を含んで固まるまで車は駐車する事が出来なくな
ります。並べるのも時間がかかるので、アスファルトと比べると大幅に時
間がかかる事になります。その分だけ経費も太くなります。

マンションなどで使うインターロッキングは、家庭のサイズより大きめで
す。家庭用はホームセンターで1個が70~120円で売られています。
単純計算で1個が100円としたら、舗装面積で計算すれば概算で予算が
出るはずです。時間や経費の事を考えると、一気にアスファルト舗装をし
た方が安上がりになるのではありませんか。

概算価格が書けなくて、申し訳ありません。

アスファルト舗装の場合は施工業者によって価格が変動するので、一概に
この金額になりますよとは言えません。あなたが調べられた金額が、一般
的な平均金額と思われたらどうでしょうか。

以前に商店街のメインロードを、インターロッキングにて工事をした経験
があります。もちろん個人ではなく会社の指示により作業参加しました。
通常は地盤を水平に地均しをして転圧をし、砂かカラ練り(セメントに砂
を混ぜただけで、水で練っていない物。水で練るとモルタルになる。)を
入れて、その上にインターロッキン...続きを読む

Q現場にて、有機溶剤の保管方法

新築マンションの現場で、外部の吹付タイルのシーラーで溶剤を使用しています。
また、希釈用としてのシンナーも使用しています。

現在は、有機溶剤のみを一箇所にまとめ、
一箇所あたり200L以内にして、
「有機溶剤取り扱い責任者○氏名○」
の表示を貼り、近くに消火器を置いてあります。

このたび、消防の検査が入るとの事で、
ゼネコンから、会社として正しい管理方法をとるように指示されました。

私は有機溶剤の資格は取りましたが、
数年前ですし、半分寝ていたので全く憶えていませんでした。

そして、テキストを見直して見たのですが、
屋内作業だとタテ0.4mヨコ1.5m以上で、
作業員に危険の内容を説明する表示が必要とありましたが、
今回は、保管が屋内で作業は屋外なので、必要ないのでしょうか?

現場では、1・2・3種の色分け表記と、
まとめる場所をわければ、それだけでよいのでしょうか?

Aベストアンサー

参考書は会社にあり、手元にありませんので、見識の範囲で。

>保管が屋内で作業は屋外なので、必要ないのでしょうか?
「屋内作業等」になっていたと思います。建屋の中での作業でなく、坑内など比較的密閉された空間も含めるものと解釈してよさそうですが、解釈に関する権限はお上にありますので、責任はもてません。
(表示して損はないと思います。一斗缶よりの小分け作業は無いのでしょうか?)

ところで、作業主任者とか、取り扱い説明は労働基準監督官の仕事で、今回の消防の管轄ではありません。それらに関する権限もありません。(おそらく知識もないでしょう。)

消防の管轄は消防法に関することで、「200リットル」、「消火器」がキーワードになります。

「火気使用禁止」、吸殻や吸殻入れ・喫煙所が近くにない事、ガソリン類?表示、あとは常識の範囲で。
火災災害防止の観点での対策を。

Q現場で怒られること

脚立は使用禁止。
安全帯の着用。

などなどいろいろ現場のルールはあると思うのですが、職人が勝手に脚立を使用したのになぜかゼネコンから施工管理の人間が怒られる。

自分の命は自分で守るのが当たり前なのになぜ私が怒られなければならないのでしょうか?
私は安全について口酸っぱく職人に言っています。
現場には向いてないのかな。。。

Aベストアンサー

責任を求められる立場におありだということなのでしょうね。


職人さんに口酸っぱくいっても、職人気質といわれるように頑固な内向的な方も多いので聞いていただけないと思います。

職人さんの家族になったつもりで、親しみをこめて、やさしく・暖かく・時には,しっかりとお伝えされていかれると、
耳を貸してくれるのではないでしょうか。

職人さんがいてくださるので、みんなが助かっているということに感謝して、職人さんと友達・チーム・親・兄弟・家族にならせてもらおうという心。
ある施工管理をしている方の姿をみていて、そんな風にお互いに心を開くことの大事さを感じました。

上の立場になっていたときに、所属してくれる方々の土台になっていける人こそ、真のリーダーだと思います。
どんな相手にも、ありがとうございます・はい、すみません・よろしくどうぞお願いいたしますと頭を下げていかれる方こそ、「この人になら任せられる」と誰からも信頼していただけるのではないでしょうか。

last_pipiさんは現場に向いてないなんてことはありません。
きっと、last_pipiさんは施工管理者として、ほとんど満点の方なのだと思います。
あと一歩、職人さんとの信頼関係を築いていけたら、120点の施工管理者になっていかれるのだと思います。

責任を求められる立場におありだということなのでしょうね。


職人さんに口酸っぱくいっても、職人気質といわれるように頑固な内向的な方も多いので聞いていただけないと思います。

職人さんの家族になったつもりで、親しみをこめて、やさしく・暖かく・時には,しっかりとお伝えされていかれると、
耳を貸してくれるのではないでしょうか。

職人さんがいてくださるので、みんなが助かっているということに感謝して、職人さんと友達・チーム・親・兄弟・家族にならせてもらおうという心。
ある施工管理...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報