ちょっと変わったマニアな作品が集結

現在完了形の経験でHow often~?を使う文をよく見るのですが、how oftenは頻度なので、やはりHow many times~? が正しいと思うのですが、もしHow oftenと現在完了が同時に使えて自然な例文などございましたら教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

英語 機械」に関するQ&A: 機械英語 表現方法

A 回答 (5件)

アメリカに37年半住んでいる者です。

 私なりに書かせてくださいね。

how oftenとは頻度を聞いているのです。 これは間違いありません。 しかし、現在完了で使われないと言う解釈はおかしいです。

wind-sky-windさんの例文を使わせていただくと、How often have you visited this website in the last six months?ですが、これは過去6ヶ月の間にどのくらいに頻度でこのサイトに来ましたか?と言う事ですね。

ですから、once or twice a day/week/month/yearと言う表現になるわけです。 つまり1日に1回、年に2回と言うような感じですね。 How often? 年に3回ほど。と言う回答が来るのは、あくまでも頻度を聞きたいフィーリングがあるからなのです。 頻度を聞きたいと感じたわけですから週2回という様な答えをするわけです。

しかし、この~のうちの~回と言う表現は別に週に、月に、年に、と決まった期間ででなくても良いのです。 頻度ですから、6日に3回、2日に1回でも良いわけですね。

これを考えるとお分かりになりますね。 つまり、現時完了+last 6monthsと言う事であれば、three timesと言って、three times per 6 monthsと言う「頻度に結果的になります」と言うフィーリングになるわけです。

そして、普通どのくらいの頻度で、と言うフィーリングがあれば、現在形でHow often do you go to Japan?と言う表現になるわけです。

Now you are married and have a couple of kids. It must be more difficult to go to Japan, right? How often do you go to Japan?と言う表現になるでしょうし、Well, you have been married for 5 years and now have two kids. How often have you been to Japan since you got married? I know you were going to Japan at least 3 times a year before?という様な聞き方にも変えることは出来るわけです。

How many timesは単に何回か、と言う事を聞きたい質問です。 頻度ではありませんね。 ですから、I've been to Japan more than 10 times.とか簡単に10 timesと言う表現になるわけですね。

しかし、この答えで昔は年に5回くらい入ってたけど今は結婚して子供もいるから年に2回くらいに減ったね、と言う説明的答えも出来るわけです。 I used to go to Japan about 5 times a year but now I go there about twice a year.として、How many timesと聞かれても、状況が変わったのでその質問に対する答えも代わってくるんですよ、と言う返事をすることだってあるわけです。

と言う事で、現在完了だから、現在完了だから、と機械的に英語と言う言葉を人間は使うとは限らないと言う事を知ってもらいたいために書かせ貰いました。

これでいかがでしょうか。 分かりにくい点がありましたら、補足質問してください。 
    • good
    • 6
この回答へのお礼

わかりやすい解釈ありがとうございます。
よくわかりました。

どうも皆さまお騒がせ致しました。

お礼日時:2006/03/17 16:46

<The first one can kind of sound correct but it's not.>は,


「最初のは,正しいという感じが少しはするが,(実際には)正しくない」
という意味です。
 ジーニアス英和辞典には,
How often do you go to the movies? Once or twice a week. のパターンと,
「完了時制で」How long have you been to Hokkaido? Three times. というパターンがともに載っています。
 今まで,ネイティブの人に How often have you been to ~? という質問で通じないことはありませんでしたが。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ええ、そうなんです。
わたしもジーニアスのその部分を見てびっくりして、さらにネイティブの意見を見て、ここに問い合わせた次第です。
How many times=How often 結果、やはりなのですね。
どうもありがとうございます。

お礼日時:2006/03/16 19:40

How often have you visited this web sites this month?

この回答への補足

みなさま、ありがとうございます。
ネイティブの方は、
"How often" is used to ask about frequency of usual behavior. Examples include:
"How often do you go to the movies?", "How often do you go out drinking with your friends?", "How often do you go abroad?"
The answers are usually: once or twice (a day/week/month/year).
<The first one can kind of sound correct but it's not.>
このthe first oneは、How often have you seen the movie? ------ Three times.
という文のことです。
わたしもこう思っていたのですが、皆さまのご意見ではそうではないよですね。
この最後の< >部分の意味がいまいちわからないのですが、どう解釈すればよろしいでしょうか。
スミマセン。。。お願いします。

補足日時:2006/03/16 19:12
    • good
    • 0

 #1です。


>How often have you visited this website in the last six month?
最後は months の誤りです。
    • good
    • 0

 How often ~に対して,sometimes とか,rarely で答えることはあまりありません。

once や three times のように具体的な回数で答えるのが普通です。How often も How many times もほとんど同じ感覚で用いられると思います。How old の場合も,fifteen years old のように答えるでしょう?
 例文としては,
 How often have you visited this website in the last six month?
 簡単に,
 How long have you been to Paris?
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q現在完了「経験」の用法について

I have often visited Kyoto.(私はしばしば京都を訪れている。)

上の例文は、とある学参に記載されている、現在完了「経験」の用法です。
小生は、この例文のニュアンスがいまいち理解できません。
普通の肯定文は、
I often visit Kyoto.(私はしばしば京都を訪れる。)
ですが、単に日本語訳だけ比較すると、現在完了のそれと大差無い印象を受けます。

例えば、
I have read the book before.(私は以前その本を読んだことがある。)
のような、現在完了「経験」の用法であれば、あぁ経験を表しているのだなと理解できるのですが・・・。

上記の京都云々~の例文について、ご教授お願い致します。

Aベストアンサー

文法書があるなら現在時制の項目を調べて下さい。
手元にあるFORESTから引用すると、現在時制は
(1)現在の状態を表す
(2)現在の反復動作を表す
(3)一般的な事実や審理を表す
とあります。

(2)反復動作を詳しくいうと、
I always drink coffee at breakfast.
私は朝食の時にはいつもコーヒーを飲む
といった例文があり、これは
「今を中心にして過去から未来に渡って繰り返される動作」を表します。

I often visit Kyoto.も同様で、
過去にも京都に行ったことがあり、これからも京都に通う可能性があります。

I have often visited Kyoto.は現在完了形です。
現在完了形は「今までの経験」を表します。

つまり、「今」の時点で、過去に何度も京都に行ったことを表すのであり、
これからどうするかは言及していません。

例文で考えるとして
A:京都に来たことがあるんですか。Have you been to Kyoto before?
B:ええ。今まで何度も来ています。 Yeah. I've often visited there.

A:休日はどこへ行ったりするんですか? Where do you visit on holidays?.
B:よく京都に行ったりしますよ。 I often visit Kyoto.
という具合です。

文法書があるなら現在時制の項目を調べて下さい。
手元にあるFORESTから引用すると、現在時制は
(1)現在の状態を表す
(2)現在の反復動作を表す
(3)一般的な事実や審理を表す
とあります。

(2)反復動作を詳しくいうと、
I always drink coffee at breakfast.
私は朝食の時にはいつもコーヒーを飲む
といった例文があり、これは
「今を中心にして過去から未来に渡って繰り返される動作」を表します。

I often visit Kyoto.も同様で、
過去にも京都に行ったことがあり、これからも京都に通う可能性があります。

I ...続きを読む

QHow oftenの使い方で違和感があるので教えてください。

①彼女は今年何回海外に行きましたか。
How often did she go abroad this year?
②彼らは何回ゲームをしましたか。
How often did they play games?
③あなたは何回そのレストランに行きましたか。
How often did you go to the restaurant?
④彼は何回その映画をみましたか。3回です。
How often did he watch the movie? Three times.
⑤あの男性は何回同じことを話すのですか。
How often does he speak same thing?
⑥歌詞を覚えるのに、あなたは何回その歌を聴きましたか。
How often did you listen to the music to remember the words?

という例文を見るのですが、How oftenというと頻度をきいている気がしてなりませんが、①~⑥はやった回数をただ聞いている(②③④⑥はそれをたずねている時間までに何回やったか?という経験に近い感じがします。)感じがします。それであればHow many times ~?しかないのでは?と思うのですが、どうなんでしょう?教えてください。それともこれらはhave+p.pの完了形系じゃないからどっちでもいいのですか?

①彼女は今年何回海外に行きましたか。
How often did she go abroad this year?
②彼らは何回ゲームをしましたか。
How often did they play games?
③あなたは何回そのレストランに行きましたか。
How often did you go to the restaurant?
④彼は何回その映画をみましたか。3回です。
How often did he watch the movie? Three times.
⑤あの男性は何回同じことを話すのですか。
How often does he speak same thing?
⑥歌詞を覚えるのに、あなたは何回その歌を聴きましたか。
How often did you listen ...続きを読む

Aベストアンサー

ddeanaです。補足を拝見いたしました。
私はアメリカに留学し、過去も現在も仕事で英語を使っておりますので、いわゆる日本の学校で教えるカチッとした文法ではなく、肌感覚に近いUsageのお話をしております。ですからこれでなければならないという形よりもこれもOKだけどこれでもOKになるという回答になってしまうのをお許しいただければ幸いです。

さて、補足にあった互換性ですが、nativeの友人に聞いてみました。で結論からいうと、どちらを使ってもOKの場合が結構あるとのこと。つまりは、質問する側がどのぐらい詳細に答えをもらいたいかで言い方を変えるのであって、仮にHow many timesからはじまる疑問文であっても、自分が回数についてはっきり覚えていなかったり自信がなければ「頻度」を答えたりすることがよくあるとのことです。

>『終了している回数を訪ねる場合』(つまり過去に終わっている事例)に該当すると考えると やっぱり回数のみの答え方でいいのではありませんか? 
これも回数だけを聞いてもいいし、頻度を聞いてもいいのです。要は尋ねる側がどのぐらい詳細に情報を求めているかによって言い回しは変わるのです。実際の場面で、だいたいどのぐらいの回数だったのかアバウトでいいから知りたい場合もありますよね? そういう時はHow oftenなのです。

ddeanaです。補足を拝見いたしました。
私はアメリカに留学し、過去も現在も仕事で英語を使っておりますので、いわゆる日本の学校で教えるカチッとした文法ではなく、肌感覚に近いUsageのお話をしております。ですからこれでなければならないという形よりもこれもOKだけどこれでもOKになるという回答になってしまうのをお許しいただければ幸いです。

さて、補足にあった互換性ですが、nativeの友人に聞いてみました。で結論からいうと、どちらを使ってもOKの場合が結構あるとのこと。つまりは、質問する側がど...続きを読む

QThen と at that time の違いについて

 中学校英語にでてくる Then=そのとき、at that time=そのとき 
この2つの意味は同じようなのですが、違いは何かあるのでしょうか。
是非、教えてください。

Aベストアンサー

文法的にはthenは副詞、at that timeは副詞句です。その時という意味では同じ使われ方をします。しかし、thenが指し示す時間(期間)はat that timeより長く感じます(あの時とあの頃のような感じ)。at that timeはその時という意味以外に使われませんが、thenは副詞としてもっと幅ひろい意味で使われます。その時、その後、それから、さらに、従ってなど。意味と用法は辞書に出ていますよ。

Q完了形とbeforeとuntil(till)

   He had never eaten sashimi before/until(till) he came to Japan.
   (彼は日本に来るまで,刺身を食べたことがなかった)

この場合,beforeとuntil(till)はどちらが適切なのでしょうか? 理由まで教えていただければ幸いです。

Aベストアンサー

こんばんは。

これは、He had never eaten sashimi と否定形になっていますから、before でも until でも両方可能ですし、若干ニュアンスの違いはありますが、意味もおかしくありません。

before は「~の以前に」「~より前に」
until は「~までずっと」

という意味の違いがあるということはご存知だと思います。
直訳的には、
before を使った場合は「彼は日本に来る前には、刺身を食べたことがなかった」
until を使った場合は「彼は日本に来るまで、刺身を食べたことがなかった」


ですから、もしこれが肯定文だったら、

He had eaten sashimi before/until(till) he came to Japan.

となって、before なら「彼は日本に来る前に刺身を食べたことがある。」になりますが、until を使うと「彼は日本に来る寸前までずっと刺身を食べていた。」というおかしな意味になります。もちろん文法的には間違っていませんが。

QHow often do you go to the movies?

 タイトルにあるような質問を友人からメールでもらいました。これはどういう意味なのでしょうか?

How often do you go to the movies?

「どのくらいたびたび映画を見に行きますか?」ということでいいのでしょうか?
 あとこれに対する答えはどのように書けばいいのでしょうか?たとえばでいいので、例文を示していただけるとありがたいです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

jovijovaさん、こんにちは!

もう少し深く読むと、これは貴方を映画に誘いたいと思っている人で、その話題にもっていく為に聞いてる可能性もあるんですね。

なので、その人と一緒に行っても構わないとの事なら、

As often as I can get someone to go with me!
連れてってくれる人次第かな!

Whenever someone invites me!
誰か誘ってくれた時!

あまり一緒に行きたくないのであれば、

Whenever I can go alone, maybe once a month or so.
一人で行けるとき、一ヶ月に一回ぐらいかな。
「一人」を強調するのがポイントですね。

Whenever my boyfriend/girlfriend and I decide on a movie that we both like!
私のボーイフレンド/ガールフレンドと相談して二人で見に行きたい映画があったとき。
まぁ、牽制球ですね。

他に、あまりその話題を続けたくないのなら、短くあいまいに答える方法も使えるんですね。

Pretty often.

Not so often.

Can't remember.

Couple of times a year, I suppose...

Not a lot...

英会話教室なんかで答えをしゃべるんであれば、

I am a great movie fan and I try to see at least two new releases every month. Do you know that the first of every month is a so-called "movie-day" and you can get in at a dicounted price? The last movie I saw was "xxxxx" and it was very xxxx. I highly recommend it!

私はDVD派ですけど。

jovijovaさん、こんにちは!

もう少し深く読むと、これは貴方を映画に誘いたいと思っている人で、その話題にもっていく為に聞いてる可能性もあるんですね。

なので、その人と一緒に行っても構わないとの事なら、

As often as I can get someone to go with me!
連れてってくれる人次第かな!

Whenever someone invites me!
誰か誘ってくれた時!

あまり一緒に行きたくないのであれば、

Whenever I can go alone, maybe once a month or so.
一人で行けるとき、一ヶ月に一回ぐらいかな。
「...続きを読む

Q前置詞句は補語になってはならないのでしょうか

私は以前、東大の英文科出身の方から、
「”前置詞+前置詞の目的語”という前置詞句は形容詞句もしくは副詞句として働く。但し、形容詞句となった場合は名詞を修飾する働きはあるが文の要素である補語(c)となることはできない。」
と習いました。
その後、知人から
「 He is in Japan. や He is from Japan.のような文は、前置詞句は補語でも副詞句でもどちらでも解釈できる」
との話を聞きました。
私も人のことは言えないのですが、この知人はTOEICでスコア600も取れないほど英語が出来ないので、どうしても東大の英文科出身の方の言葉が正しいのではないかと考えております。
しかし現在、英語が出来ないなりにその後も長年英語を勉強し続けた結果、知人の言うように前置詞句は補語としても働くと考えたほうが気分的にスッキリすると感じるようなことがかなりあります。とはいえ、私にとっては権威とも思える東大の英文科出身の方の言葉が常に頭をよぎり、前置詞句を補語と解釈するのは誤りであるのではないかと不安になります。
「前置詞句は補語になってはならない」というルールは間違いないのでしょうか。前置詞句が補語になるという説がある場合、可能でしたら権威には権威ということで、前置詞句が補語になる場合のことを説明した本を読めば安心できますので、そのような本をご存知でしたらあわせて教えていただきたいと思います。

私は以前、東大の英文科出身の方から、
「”前置詞+前置詞の目的語”という前置詞句は形容詞句もしくは副詞句として働く。但し、形容詞句となった場合は名詞を修飾する働きはあるが文の要素である補語(c)となることはできない。」
と習いました。
その後、知人から
「 He is in Japan. や He is from Japan.のような文は、前置詞句は補語でも副詞句でもどちらでも解釈できる」
との話を聞きました。
私も人のことは言えないのですが、この知人はTOEICでスコア600も取れないほど英語が出来ないので、...続きを読む

Aベストアンサー

 実は,同じような質問はたびたびあり,私も何度か回答しています。「前置詞 補語」などで,このカテ内で検索すればいくつか見つかると思います。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2041237.html
 ここでも述べていますが,He is in Japan. の場合,He is だけでは文意が通らず,in Japan というのは文に不可欠であり,修飾語というよりも,補語と考えてもいいのではないでしょうか。
 
 ただ,辞書をよく引いている人なら気がつくと思いますが,自動詞のなかには,修飾語が不可欠なものがあり,「不可欠」=補語,とは言い切れないという反論はあると思います。

 形容詞と副詞の線引きは難しく,同形のものもあれば,形容詞 high に対して,副詞 high, highly のように2つの副詞があったりします。
 また,be 動詞の補語になる副詞というのもあるのです。The flowers are out.「花が咲いている」,He is in.「彼は在宅している」,School is over.「学校が終わった」などがそうなのですが,辞書によってはこの out, in, over は形容詞に扱われています。

 「形容詞」「副詞」「補語」の定義や,be 動詞の扱いによって,意見は異なると思います。

 実は,同じような質問はたびたびあり,私も何度か回答しています。「前置詞 補語」などで,このカテ内で検索すればいくつか見つかると思います。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2041237.html
 ここでも述べていますが,He is in Japan. の場合,He is だけでは文意が通らず,in Japan というのは文に不可欠であり,修飾語というよりも,補語と考えてもいいのではないでしょうか。
 
 ただ,辞書をよく引いている人なら気がつくと思いますが,自動詞のなかには,修飾語が不可欠なものがあり,「不可欠」=...続きを読む

Q定数って?実数・定数の使い分けって?

こちら現在高校生です。
学校で整数、有理数の定義などはやりました。
ですが、定数の定義・意味・特徴がわかりません。
自分の中では定数=定まる数 つまりk:定数ならkは1個に定まるなどと勝手に考えています。このように、定数の性質・特徴たるものもわかりません。

あと、よく例題を見てみると「(k:定数)」や「(k:実数)」などと書いてありますがこの定数、実数の使い分けはどのようにするのでしょうか。

少々わかりづらい質問ですが、ご回答お願いします。

Aベストアンサー

「定数」は「どんな数でも良いがある値を持っていて"変化しない"数」です。
>「(k:定数)」
この場合kはどんな数でも良いが変化しない一定の値。
>「(k:実数)」
この場合、条件にkは実数であって虚数を含まない(複素数でない)数で値は一定。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング