はじめての親子ハイキングに挑戦!! >>

S keep O ~ing と S leave O ~ing の違いについて。
教えて下さい。又、
『赤ちゃんを泣かせたままにしておいては、いけません。』
これは、どちらを使えばいいのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

S keep O ~ing は「積極的に働きかけることで、ある状態を維持する」のに対し、


S leave O ~ing 「ある状態のまま放置する」のです。

『赤ちゃんを泣かせたままにしておいては、いけません。』 は
「赤ちゃんをほったらかしにするな」ということでしょうから、
Don't leave your baby crying. などとすれば良いでしょう。
    • good
    • 5

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q違いを教えて!keep on ~ing と keep ~ing

「~し続ける」という意味合いで「keep ~ing」というのがありますが、あるテキストに

He keeps on telling me that...
(彼はいつも私に言ってる)

というのがありました。この例文ではなぜ「on」が含まれているのかなと思って調べてみたら、「keep on」には「ガミガミ言う・小言を言う」という意味があることがわかりました。
http://www2.alc.co.jp/ejr/index.php?word_in=Keep+on&word_in2=%82%A9%82%AB%82%AD%82%AF%82%B1&word_in3=PVawEWi72JXCKoa0Je

しかし、なぜ「on」を入れることでそういうニュアンスに変化するのかが、どうもしっくり理解できません。

また、「on」を使っても特に意味自体に変化はなさそうな例文も↑のサイトからいくつも見られました。(例えば、「keep on listening/聞き続ける」や「keep on going/行き続ける」などたくさん。)

どういう時に「on」を使うのか、教えていただけないでしょうか。

「~し続ける」という意味合いで「keep ~ing」というのがありますが、あるテキストに

He keeps on telling me that...
(彼はいつも私に言ってる)

というのがありました。この例文ではなぜ「on」が含まれているのかなと思って調べてみたら、「keep on」には「ガミガミ言う・小言を言う」という意味があることがわかりました。
http://www2.alc.co.jp/ejr/index.php?word_in=Keep+on&word_in2=%82%A9%82%AB%82%AD%82%AF%82%B1&word_in3=PVawEWi72JXCKoa0Je

しかし、なぜ「on」を入れることでそういう...続きを読む

Aベストアンサー

沢山ご回答がありますね。

keep (on) ~ing は on があってもなくても同じ意味で 単純に「し続ける」という意味です。
on は 副詞で「(ある動作を)続けて」という意味をもち これを入れるとより継続的に繰り返している感じになります。
まあそれゆえ日本語で捕らえると「しつこい」という意味を含むことになるかもしれませんね。

御参考になれば幸いです。

Qbe of + 名詞について?

NHKラジオ英会話講座より
Did you enjoy the DVD I sent you last week?
It's of the family trip we took to the Bahamas last week.
・・・・、先月、バハマ諸島に家族で旅行したときのものなの。

(質問)「be of (抽象)名詞」についてお尋ねします。「be of+名詞」は形容詞になる、ことは以前教わりましたが、今ひとつ分りません。It's of the family trip./It's the family trip.の違いをもう一度教えて下さい。私の感じとして、of の前に「含み」を感じます。例えば家族旅行の(楽しいいろいろなこと)など。家族旅行と断定するのでなく、柔らかな含みのある表現を感じるのですが・・。「be of+普通名詞」はofの前に「含み」があると考えてはいけませんか? 会話の中でごく自然に使えればいいんですが・・。何か参考になるお話でも聞かせていただければ、嬉しく思います。よろしくお願いいたします。以上

Aベストアンサー

こんにちは。2/21のご質問ではご丁寧なお返事を有難うございました。

ご質問1:
<「be of+名詞」は形容詞になる、ことは以前教わりましたが>

1.ここはその用法ではありません。

2.ちなみに形容詞になるのは正確には「be of+抽象名詞」となります。
例:
of use=useful
of importance=important

3.ここではof+the family tripで、the family tripは抽象名詞ではなく普通名詞なので、この用法は適応されません。


ご質問2:
<私の感じとして、of の前に「含み」を感じます。>

この部分は、すぐ前の英文と一緒に理解するとすぐ把握できると思います。

1.何かが隠れている、という発想は正しいです。ただ、「含み」というより、ここは単に代名詞thatが省略されているのです。

2.この文は正しくは
It's that of the family trip we took to the Bahamas last week.
となります。

3.Itは代名詞で、Itが指しているものは前出のthe DVD I sent you last week「先週私があなたに送ったDVD」になります。

4.thatも代名詞で、指しているのは前出の名詞the DVDになります。同じ名詞の反復を避けて使われる代名詞の用法です。
例:
The climate of Tokyo is milder than that of Moscow.
「東京の気候は、モスクワのそれ(気候)より暖かい」
このthatは前出の名詞climateの反復を避けて使われている用法です。

5.従って、このofは「関係」を表す前置詞の用法となります。意味は「~に関する」「~についての」という意味で使われます。
例:
That (=the DVD) of the family trip
(直訳)「家族旅行についてのDVD」
→(意訳)「家族旅行の時のDVD」

6.なお、tripとweの間に目的格の関係代名詞thatが省略されています。先行詞はthe family tripで、これを関係節内に戻すと
we took the family trip to the Bahamas last week.
「先週バハマに家族旅行に行った」
となります。

take a trip toで「~に旅行に行く」のイディオムです。ここではtakeの目的語the family tripが先行詞として前出しているのです。

7.以上、省略された代名詞を踏まえて2文の訳出は
(直訳)「私が先週送ったDVDを、楽しんでもらえましたか?
それは、先月バハマ諸島に行った、家族旅行のときのもの(DVD)なの。」

(意訳)「先週送ったDVDは、楽しんでもらえましたか?
それは、先月バハマ諸島に家族で旅行したときのものなの。」

となります。
以上ご参考までに。
以前類似ニックネームの方がいましたが、tommyさんの名前と番号は覚えていますから、他の類似ネームと間違うことはありませんから大丈夫です。でももし仏語ネームの案が必要なら、遠慮なくお問い合わせ下さい。

こんにちは。2/21のご質問ではご丁寧なお返事を有難うございました。

ご質問1:
<「be of+名詞」は形容詞になる、ことは以前教わりましたが>

1.ここはその用法ではありません。

2.ちなみに形容詞になるのは正確には「be of+抽象名詞」となります。
例:
of use=useful
of importance=important

3.ここではof+the family tripで、the family tripは抽象名詞ではなく普通名詞なので、この用法は適応されません。


ご質問2:
<私の感じとして、of の前に「含み」を感じます。>
...続きを読む

Q英作文

英作文です。使えそうな語句や熟語を調べて挙げて見ました。お願いします。
1君はあんなことをしたのを恥ずかしいと思わないかい。
2母親は息子が金メダルをとったのが自慢だった。
get the gold medal
3彼は松山に着くや否や叔父に電話をかけた。
4少年の頃僕は誰にでも敵意を感じないわけにはいかなかった。
feel hostility toward~
5西欧文明がある問題に直面している事実を隠すことはできない。
confront,the fact that~,hide
6そんな本を読んだって何の役にも立たないよ。
7この谷の人々や家はかつてのものでないことは言うまでもない。
be no longer what they were~,be not the same as they used to be
8暖かい日に野原を散歩すると自然に対して感謝したくなります。
take a walk,thank nature
9この本は確かに一読の価値がある。
10みんながっかりして帰ってきたので私は同情 せずにはいられませんでした。
with disappointment
11オリンピックにおいて最も重要なことは勝つことではなくて参加することであるというのはいうまでもない。
not A but B
12毎日のように新しい書物が出版される。それが読むに値するものなのか値しないものなのかその見分けがつかない。
almost every day,tell A from B

英作文です。使えそうな語句や熟語を調べて挙げて見ました。お願いします。
1君はあんなことをしたのを恥ずかしいと思わないかい。
2母親は息子が金メダルをとったのが自慢だった。
get the gold medal
3彼は松山に着くや否や叔父に電話をかけた。
4少年の頃僕は誰にでも敵意を感じないわけにはいかなかった。
feel hostility toward~
5西欧文明がある問題に直面している事実を隠すことはできない。
confront,the fact that~,hide
6そんな本を読んだって何の役にも立たないよ。
7この谷の人々や家はかつてのもの...続きを読む

Aベストアンサー

#1.です。訂正です。申し訳ありません。

1. Don't you feel ashamed of having done a thing like that?
または、
Aren't you ashamed of having done such a thing?
にして下さい。2.の「息子」が目に入ったようで誤訳しました。
「あんなことをした」と「恥ずかしいと思う」の間に時間のずれがあるので、完了形の動名詞を使う方がよい様に思います。この問題では、動名詞を使って回答することにしましたが、
Don't you feel ashamed that you have done such a thing?
のように that 節を用いることもできます。
また、☆your son = your son's の注は不要です。

11. It goes without saying that what is the most important in the Olympics is not winning but taking part in them.
にしてください。without が with out となっていました。

今のところ気付いた誤りは以上です。以下は、補足です。

2. = The mother was proud of her son's having won a gold medal. (won = got / gotten)
= The mother was proud that her son had won a gold medal.

3. = He had no sooner arrived in Matsuyama than he called his uncle.
= He had hardly arrived in Matsuyama when he called his uncle.
の様に倒置しない形でももちろん大丈夫です。
called his uncle = gave his uncle a call = gave a call to his uncle

#1.です。訂正です。申し訳ありません。

1. Don't you feel ashamed of having done a thing like that?
または、
Aren't you ashamed of having done such a thing?
にして下さい。2.の「息子」が目に入ったようで誤訳しました。
「あんなことをした」と「恥ずかしいと思う」の間に時間のずれがあるので、完了形の動名詞を使う方がよい様に思います。この問題では、動名詞を使って回答することにしましたが、
Don't you feel ashamed that you have done such a thing?
のように that 節を用いることもできま...続きを読む

Q英作文

英作文に使えそうな語句や熟語をそれぞれ載せてみましたが、他の表現や文の書き方があるかも知れません。解答は一つとは限らないと思います。イコール表現等有りましたら、是非お願いします。因みにテーマは“分詞”となっていました。

1海の上に何か黒いものが浮かんでいるのに気がついた。
something dark,float
2お待たせしてすみません。どのくらいお待ちになりましたか。
3川沿いに少し行くと景色の良いことで有名な場所に着いた。
famous for its fine view
4客を送り出すと、私はその本の鉛筆を挟んでおいたところから読み始めた。
see~off,put/insert
5この答えにちょっと当惑したが、私はもう一度聞いてみた。
be embarrassed at/by~
6月が出たので電灯を消しました。
come out,switch off/turn off
7一般的に言ってどの家庭もさほど裕福ではありませんでした。
be well off
8昔に比べると日本人の生活は自然との接触を失っている。
contact with nature,~を失っている(=~が少なくなっている)
9私は自分で手紙を書き、それを英語に訳してもらった。
10彼は頭をドアに向け、うつぶせになって死んでいた。
face,lie face down on the floor
11私は疲れていたので、その重い荷物を背負ったままではもう歩いていけなかった。
with~on one's back
12日常生活において自動車が重要な役割を果たしていることを考えれば、この現象は驚くに当たらない。
play an important role,nothing to be surprised at
13私たちは国際語である英語を使って、日本をもっと外国に理解してもらう必要がある。
English as an international language,must/be necessary

英作文に使えそうな語句や熟語をそれぞれ載せてみましたが、他の表現や文の書き方があるかも知れません。解答は一つとは限らないと思います。イコール表現等有りましたら、是非お願いします。因みにテーマは“分詞”となっていました。

1海の上に何か黒いものが浮かんでいるのに気がついた。
something dark,float
2お待たせしてすみません。どのくらいお待ちになりましたか。
3川沿いに少し行くと景色の良いことで有名な場所に着いた。
famous for its fine view
4客を送り出すと、私はその本の鉛筆を挟んでおいた...続きを読む

Aベストアンサー

1. I noticed something dark floating on the sea.

2. I am sorry to have kept you waiting. How long have you been waiting?

3. * Walking along the river for a while, I reached a place which is famous for its fine view.
* After I walked along the river for a while, I got to a place which is famous for its fine view.
* Walking along the river for a while brought me to a place which is famous for its fine view.

4. * Seeing the guest off, I began to read the book again at the pages between which I inserted a pencil.
* After I saw the guest off, I began to read the book again at the pages between which I inserted a pencil.

5. * Being a little embarrassed at this answer, I asked once again.
* Although I was a little embarrassed at this answer, I asked once again.

6. * The moon coming out, I turned off the light.
* Because the moon came out, I turned off the light.

7. Generally speaking, no families were well off.

8. * Compared with the past, Japanese people's lives have lost contact with nature.
* If they are compared with the past, Japanese people's lives have lost contact with nature.

9. I wrote a letter by myself and [had/got] it translated into English.

10. He was (found) dead lying on his stomach with his head toward the door.

11. * Being tired, I could no longer [keep/continue] walking with the heavy burden on my back.
* Because I was tired, I could no longer [keep/continue] walking with the heavy burden on my back.
* I was so tired that I could no longer [keep/continue] walking with the heavy burden on my back.

12. * It is necessary for us to have the world understand Japan by using English as an international language.
* Using English as an international language, we need to get the world to understand Japan.

1. I noticed something dark floating on the sea.

2. I am sorry to have kept you waiting. How long have you been waiting?

3. * Walking along the river for a while, I reached a place which is famous for its fine view.
* After I walked along the river for a while, I got to a place which is famous for its fine view.
* Walking along the river for a while brought me to a place which is famous for its fine view.

4. * Seeing the guest off, I began to read the book again at the...続きを読む

QLook の使い方

彼女の顔つきから判断すると50のさかを越えている

She looks to me over fifty years old, judging .....

この文の look to me はどういう文法なのですか?
私は look は look at しか使ったことがないのでお願いします。

Aベストアンサー

look at ... 以外にも有名なところでは look for ...「~を探す」がありますよね。
あと,look +形容詞で「~に見える」という大切な用法があります。

これもそのパターンで,
She looks ... over fifty years old で「彼女は50歳を超えているように見える」
これに to me が挿入されて,「私には」という意味になっています。
したがって,特に look to という熟語というより,
look 形容詞 to me「私にに~に見える」において,形容詞の部分がやや長くなっているので,
to me が先に来た形です。

It seems to me that ... のように,seem でよく用いられる「私には」です。
look でも用いられます。

Q名詞節をつくる際のHow+形容詞+S+VとHow+S+V+形容詞の違い

名詞節をつくる際のHow+形容詞+S+VとHow+S+V+形容詞の違いは何でしょうか?
自分は意味は大体同じで前者の方は強調のニュアンスがあると解釈しているのですが。

Aベストアンサー

how 形容詞 SV という名詞節は
How 形容詞 VS? という疑問文の間接疑問,
How 形容詞 SV! という感嘆文からきている
いずれの解釈も可能です。

上の場合,「どれくらい(形容詞)か」で,程度を聞くわけですが,
日本語で「どれほど(形容詞)か」で「なんと」というニュアンスが出るのと同じで,感嘆文との区別は文脈次第です。

いずれにしても,how +形容詞でひっついて「どれほど~」と一まとまりになります。

how SV 形容詞があるとすれば,how は「どのようにして」とか「どうして→なぜ」の意味で形容詞とは切り離されている場合です。
how he is so busy「どうして彼はそんなに忙しいのか」
how busy he is「彼はどれくらい忙しいのか」「彼はなんと忙しいのか」

Qon ~ing in ~ing の違い。

on ~ing in ~ing の違いについてなのですが、
on ~ing は、「~するやいなや」で
in ~ing は、「~しているとき」

だったような気がしますが、正しいですか?

Aベストアンサー

こんにちは。
質問者さんの記憶通りでいいと思います。

on -ing「~するやいなや」「~するとすぐに」「~と同時に」
in -ing「~しているとき」「~の動作をしている間に」

どちらも前置詞の意味を確認しておくとよいでしょう。

補足ですが、in -ingは、「~しているとき」の意味のほかに
He was right in thinking that ...「…と考えた点で彼は正しかった」
のようにも用いられます。

なお、本題からは外れますが、この-ingはどちらも動名詞です。
ただし、be interested in -ingの"in -ing"とは
区別しておいた方が整理しやすいかと思います。(←経験上。)

Qall the+名詞、all +名詞 の違い

「all the +名詞」のtheは必ず必要なのか教えてください。「I like English best of all the subjects」という例文が辞書に載ってましたが、theはぜったい必要なのでしょうか?「I like English best of all subjects」といえば、間違いなのでしょうか?

Aベストアンサー

私も日ごろ気になっている点ですので一言申し上げます。

●「「I like English best of all subjects」といえば、間違いなのでしょうか?」

⇒ 私は「間違い」ではないように思います。
例えば、初・中級用学習和英辞典の『プロシード和英辞典』(ベネッセ)の「一番」の項の例文に

“学科の中で何がいちばん好きですか”
What do you like best of all subjects?

というものが載っていました。


●「「all the +名詞」のtheは必ず必要なのか」

⇒ 他の方がおっしゃっているように“限定された(特定の)もののすべて”の場合は“all (of) the 名詞”が原則のようですが、アメリカ英語では“限定された(特定の)もののすべて”の場合でもtheがなくても良いようです。

(1)
このことは、『ウィズダム英和辞典』のallの項の「語法」に“allとall the”というタイトルの下にある次の説明が示しています。

「all+複数名詞」は物[人]一般を指すのに対して、「all the 名詞」は特定の集合を指す。ただし、特に《米》では「all+名詞」で特定の集合を指す場合もある

この最後の指摘がkaze2004さんのご質問に関連していそうです。

(2)
現行の中学2年の検定教科書『New Horizon 2』(東京書籍)に「私の好きなこと・もの」という表現のところに、I like spring the best of all seasons. という表現があります(p.83)。わが国の教科書ですからこのall seasonsが春夏秋冬という四季(=「特定の集合」)であることは明らかでしょう。ですから…of all the seasonsと言うのが原則であるはずにもかかわらず …of all seasonsとなっているのです。私はこれも上の(1)に関係するものではないかと考えています。
 
日ごろ現実の英語に接していても「all the 名詞」となるべきところでtheがない形をよく見かけるように思います(ご紹介できる実例は今手元にありませんが)。

(3)
とすると、『プロシード和英辞典』にあった

“学科の中で何がいちばん好きですか”
What do you like best of all subjects?

の...all subjectsには2つの解釈がありえることになります。
1つ目は回答#1さんのおっしゃる,「ばくぜんとすべての教科」を表しているというもの。
もう1つは「学校で教えられているすべての教科」を表していながらtheを用いていないというもの。(すなわち、(1)で紹介した「「all+名詞」で特定の集合を指す場合」。)

もちろん、どちらの解釈が正しいのかはこれだけでは判断できませんが、後者の解釈も大いにありえることを私は強調しておきたいと思います。

(4)
実はallと非常に似た振舞い方をする語にbothがありますが、bothは特定のものを指す場合であっても「both the 名詞」の形で用いられるときはtheがよく省かれます。このことは例えば、『ルミナス英和辞典』(第2版、研究社)のbothの「語法(2)」に「定冠詞は省略されるほうが普通:Both (the) books (=Both of the books) are interesting. その本は両方ともおもしろい」と説明されています。件のallもこのbothと同じ道をたどろうとしているのかもしれません

私も日ごろ気になっている点ですので一言申し上げます。

●「「I like English best of all subjects」といえば、間違いなのでしょうか?」

⇒ 私は「間違い」ではないように思います。
例えば、初・中級用学習和英辞典の『プロシード和英辞典』(ベネッセ)の「一番」の項の例文に

“学科の中で何がいちばん好きですか”
What do you like best of all subjects?

というものが載っていました。


●「「all the +名詞」のtheは必ず必要なのか」

⇒ 他の方がおっしゃっているように“限定された(...続きを読む

Qkeep O Cの Cは動詞を使いたい場合 〜ingまたは分詞(?)にしなくてはならないのに なぜl

keep O Cの
Cは動詞を使いたい場合
〜ingまたは分詞(?)にしなくてはならないのに
なぜleave O Cの
Cは動詞の原型のままでよいのでしょうか

Aベストアンサー

ああ、leave the door open などの open を動詞と思ったわけかな?

open は「あく」という自動詞、
「あける」という他動詞であり、
かつ、「開いている」という形容詞でもあります。

まあ、多くの英語学習者がそういうものだと覚えています。
close は、closed で「閉まっている」という形容詞。
ものは開いているのがデフォなんてこじつけもできますが、

push the door open のような SVOC の形容詞 open が先にあって、
push open the door という表現をするようになり、
動詞と誤解されて広まっていったのでしょう。

keep the door open もあり得ます。
ドアが開いたまま、手でおさえておくとか。

とにかく、形容詞の open です。

Qkeep fromとprevent from

お願いします。

●同じ意味になるように適語を入れる問題です。
Why didn't you attend the meeting?
What ( ) you ( ) attending the meeting.

What (kept, prevented) you (from) attending the meeting?

●日本文の意味をあらわすように適語を入れる問題です。
この町では、大雪のために、こどもたちはしばしば学校へ行けないことがある。
A heavy snowfall in the town often ( ) children ( ) going to school.

A heavy snowfall in the town often (keeps, prevents) children (from) going to school.

どちらの問題の答も、keep, preventどちらを選んでもよろしいでしょうか?

Aベストアンサー

keep と prevent は普通に考えると反対のような意味です。
keep は「保つ」なのですが,from に「~から離れて」の意味があるため,「~することを妨げる,させないようにする」の意味が出てきます。

prevent はそのまま「妨げる」です。
したがって,prevent O ~ing で O を動名詞の意味上の主語のようにして「O が~することを妨げる」という形が可能です。
(アメリカでは from があると「これからするのを妨げる」,from がないと「今していることをやめさせる」という違いが生じます。
イギリスでは from があってもなくても,いずれの意味にもなります)

結論として,今回のように from があれば,どちらを用いても同じです。
(keep の方がややかたい感じはします)


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング