ウォーターサーバーとコーヒーマシンが一体化した画期的マシン >>

「私はあなたに会って驚きました。」を英作させると、I was surprised at seeing you.という解答をする生徒が何人かいました。正しくはI was surprised to see you.だ、と教えましたが、その根拠が自分的に明確ではないので御質問しました。
seeは自分自身の行為であり、自分がやったことに驚くのはおかしい、という説明を加えたのですが、これは正しい解釈でしょうか。
例えばI was surprised at (your) visiting me.とかI was surprised at receiving your letter.なら、「キミの僕への訪問」や「僕がキミから手紙を受け取る」ことの意外性からatの目的語に動名詞をもってくるのだ、と理解しています。
この解釈に関しまして、どなたか御教授願えませんでしょうか。

A 回答 (4件)

生徒に簡単明確に説明するには、動詞がある場合は、toを好み、名詞しかない場合はatを好む、と言うほうが良いと思います。



I was surprised at his failureのほうがat his failingよりずっと頻繁に使うということです。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

確かに、英英辞典ではそのような表記しかありませんでした。ジーニアスには「at (receiving) your letter」系の表記があったもので。説明としてはすっきりですね。ありがとうございます。

お礼日時:2006/07/17 08:34

 はじめまして。

 アドバイス程度に受け取ってください。
 まず、see は確かに自分自身の行為ですが、見ようと意識しなくても視界に入ってくるものを目的語にとるようです。 それに対して、意識的に視線を向ける意味合いの動詞に look(at)があり、その他にも 動くものを見守る意味合いの動詞に watch がありますね。 つまり see も意外性を包含するので(堅苦しい表現ですみません)、この場合 visit や receive と同じように使っても問題ないような気はします。
 しかし、“be surprised at doing(動名詞)”よりも、“be surprised to do(不定詞)”の方が一般的な表現であると思います。
 この場合、“be surprised at seeing”でも意味は通じるのでしょうが、文法的に不具合がある言い回しであるために避けられているのではないでしょうか。 日本語にもあるように。 英語圏の方か、それに近い方の感覚も聞いてみたいですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

seeも意識動作ではないので、意外性を含む可能性がある、というのは確かにそうですね。アドバイスありがとうございました。

お礼日時:2006/07/17 08:32

言葉が足りませんでした。



「意外性からatの目的語に動名詞をもってくるのだ」という感覚は、自分も正しいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御丁寧に補足していただき、ありがとうございます。

お礼日時:2006/07/17 08:30

>I was surprised to see you.



googleで引いてみると

"surprised to see" の検索結果 約 9,300,000 件
"surprised at seeing" の検索結果 約 36,700 件

ということで、基本的には、to see のほうがよく使われるということですね。


>I was surprised at receiving your letter.

"surprised at receiving" の検索結果 約 764 件
"surprised to receive" の検索結果 約 211,000 件
ということで、これもtoのほうがよく使われます。

では、atとtoの違いということですが、実を言うと、最初この解答を書いたとき、否定が続くときだけだと考えてしまいました。つまり、
I was surprised at not having the book.のような例ですね。 これは、I don't like him playing around. のような例があり、通常to不定詞をとるのに、否定のときはingをとるのと同じかなと感じたからです。

しかし、atを使ったほうが確かに自然と思える場合もあるような感覚もあり、さて、どう考えるのかなと、しばらく考えていました。

結論は、結局、atとto の差にあるのだと今は思います。
atは、一種の集中を表します。toは、移動、時間差などを表しますから、
I was surprised to see you. は、普通に、理由・原因をあらわす時間差で、「君にあって驚いた。」であり、
I was surprised at seeing you. は、seeing に感情が集中する感覚から、多少その驚きの程度が高く、「君に会うなんて、驚いたよ。」のようなものだと思います。

通常、surprised at doing は使われず、surprised at the ...のように、普通の名詞がくる場合が圧倒的に多いと思います。

この差は、やはり、基本的には、atは名詞だけを目的語にとる前置詞という意識が強いためであり、toは、その点、to do という形の不定詞にもなるためでしょう。名詞は動詞に比べたら、その存在感が強いですから。

これらの表現でいつも思い出すのが次のものです。

I am tired of/from reading the book.
ofで「飽きた」、fromで「疲れた」となりますが、of/from の目的語との結びつきの違いがよくわかります。つまり、「疲れる」というのは、読書が終わってもそのまま疲れている状態ですが、「飽きる」というのは、読書についてだけ感じるわけなので、一体性をしめすofを使うわけです。

ここで、もし、I am tired at reading the book. と言ってしまったら、どうかと考えて見ましょう。
「飽きる」も「疲れる」も、あまり、強い感情の動きではないと思います。というか、tired は何か感情が蓄積されてたまっている感覚です。動きを感じることができません。そのため、集中という動きを示すatとは、相性が合わないのでしょう。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

非常に細かい説明、参考になりました。前置詞の本来的なニュアンスについては、私も指導上留意していますが、よくわかるご説明をいただき今後に活かせます。ありがとうございました!

お礼日時:2006/07/17 08:28

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qbe surprised の次に来る前置詞

学校で”~に驚く”という熟語として
be surprised at ~ と習いました。
が先日教科書に、
You will be surprised by my body.
という文が出ていました。
by と atではニュアンス的に
何が違うのですか??
生徒に聞かれて困ってます。
あさってには答えてあげたいので
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

A NO1#の方の答えでいいと思います。
ただ
「The dog surpprised me. を受動態にせよ」の答えを
I was surpprised at the dogとする問題は30年近く前(1970年代まで)にはありました。が今は姿を消しているはずです。意味が違うことが指摘されたからです。The dog surprised me の受動態はI was surpprised by the dogです。

The dog surprised me
「その犬は私をびっくりさせた」のsurpriseは「驚かせる」という動詞

I was surpprised by the dog.
「私はその犬にびっくりさせられた」
はsurprise動詞「驚かせる」の受動態surprisedは純然たる動詞の過去分詞でthe dogは行為者を表す。
surprisedが動詞であることの証拠に強調したければvery muchかmuchが用いられる。(たしか昔の中学ではmuchを使うと教えていた)
I was very much(/much) surpprised by the dog.
(ただしnativeにより個人差あり)

I was surprised at the dog.
「私はその犬にびっくりした」
これはsurprisedが過去分詞、つまり「受身」の意識を失って「びっくりした」という(能動の)意味で完全な形容詞になった(or なりつつある)文です。従って、この文を”能動態に戻す”ことはできませんし、ましてthe dogsurprised meの受動態などでは決してありません。(interestingが「興味づかせる」という現在分詞ではなくではなく「興味深い」という形容詞なのと同じことです)このsurprisedが形容詞であることの証拠に強調したければveryが用いられる
I was very surprised at the dog.。

atは、学校文法では「感情の原因」を表すと言われます。新しいところ(認知意味論)ではatが, I get up at 6「私は6時(という時点)に起きる」I arrived at the town 「私はその町(という地点)に到着した」などのように「1点(に意識が集中すること)」を表すことから、次のように解釈されることもあります。
He was surprised at the dog.において
「彼が驚いた(能動の意識!)」時、「『彼』の気持ちは『その犬』(という1点)に集中していた」

生徒には、「be surprised at の文は『受動態』ではなく『be+形容詞』であり、「『驚いた』のではなく『~に驚かされた』と受動であることを強調したければbyを使うこともある」と言えばいいと思います
(byを使うことは現在では『まれ』とする辞典もありますが、googleでhit数を見ると意外と多い! ご自分で確認してみてください)

なおat以外にabout,with(古風!)を使うこともあるとする辞典もある。(学校のテストでは×でしょが)

ご指摘の
You will be surprised by my body.
という文はどういう文脈で使われているのでしょうか?

また学校の先生でしたら
雑誌「高校英語」で連載されたクエスチョンボックス
の集大成である「英語語法辞典」(1,続、3集あり、またその簡略版は安価で手に入ります)「英語語法活用大辞典」(上記の索引)に詳しく書かれていますので、図書館でご覧になってはどうですか。

A NO1#の方の答えでいいと思います。
ただ
「The dog surpprised me. を受動態にせよ」の答えを
I was surpprised at the dogとする問題は30年近く前(1970年代まで)にはありました。が今は姿を消しているはずです。意味が違うことが指摘されたからです。The dog surprised me の受動態はI was surpprised by the dogです。

The dog surprised me
「その犬は私をびっくりさせた」のsurpriseは「驚かせる」という動詞

I was surpprised by the dog.
「私はその犬にびっくりさせられた」
はsurprise動...続きを読む

Q「be surprised to do」の「to」は何?

「be surprised to do」の「to」は何ですか?詳しく説明してください。お願いします。

 辞書で「be surprised to do」を探すと、「・・・して驚く」と書いてあります。例:He was surprised to find that she did not like his tie.

 この場合の「to」は不定詞の副詞的用法「~するために ~して」でしょうか?本当のところ、どう理解すればいいんですか?

 とても基本的な質問ですが、自分で考えてみてもはっきりしないのでこちらへ質問しました。

Aベストアンサー

他の方が仰っている通り、文法的な用法では、to不定詞の副詞的用法で原因になります。感情的な形容詞の後に使われて、そうなった原因をあらわします。他の例では、
I am happy to be with you.(あなたと一緒にいて楽しい)
We were sad to hear the news.(私達はそのニュースを聞いて悲しくなった)
等がありますので自分で例文を作ってみて、この不定詞をものにして下さい。

Q感情の原因を表す不定詞のbe surprised to

よろしくお願いします。

不定詞の副詞的用法の中には、「感情の原因を表す不定詞」があります。
例えば、
be glad to 動詞の原形(~してうれしい)という使い方です。
しかしこの中に、
be surprised to 動詞の原形(~して驚く)というものがあります。
うれしい、悲しいというのは感情なのでわかるのですが、驚くって感情なのかな~と
この文に出くわすたびに思ってしまいます。
丸暗記してしまえばいいことなのですけど。

非常につまらない質問ですが、納得できるよう説明していただけませんか。
お願いします。

Aベストアンサー

sakura5sakuさん、こんばんは。
とてもためになる質問だと思いました。

>be glad to 動詞の原形(~してうれしい)という使い方です。
しかしこの中に、
be surprised to 動詞の原形(~して驚く)というものがあります。
うれしい、悲しいというのは感情なのでわかるのですが、驚くって感情なのかな~と
この文に出くわすたびに思ってしまいます。

感情の原因を表す不定詞の副詞的用法での
「感情」を表すものには、

surprise 驚く
sad   悲しい
sorry  残念だ
happy  うれしい
glad  うれしい

などがあります。
普通の、日本語的な印象でいうと、
感情=うれしい、とか悲しい、とか悔しい、などなど・・
だと思いますよね。
ここでいう「感情」とは、心の内面的変化のことだと思います。

I am very glad to hear the news.
私はその知らせを聞いて→とてもうれしい。
(とてもうれしい、という内面的変化)

I was surprised to hear the news.
私はその知らせを聞いて→驚いた。
(驚いた、という内面的変化)

sorryとかもそうですよね。
残念だ、というのは日本語的イメージでいうと
残念がるという動作じゃないのか?という感じですが

I'm sorry to see such a scene.
そのようなシーンを見て→残念です。
(残念に思った、という内面的変化)

なのだと思います。
驚くとか残念とかは、感情というか、感情を巻き起こす心の内面の変化だと思います。
それも含めて、感情を表す単語になっていると思います。
このような説明でご参考になればいいのですが。

参考URL:http://engserve.edu.mie-u.ac.jp/~eg6005/Kyouzai0055.htm

sakura5sakuさん、こんばんは。
とてもためになる質問だと思いました。

>be glad to 動詞の原形(~してうれしい)という使い方です。
しかしこの中に、
be surprised to 動詞の原形(~して驚く)というものがあります。
うれしい、悲しいというのは感情なのでわかるのですが、驚くって感情なのかな~と
この文に出くわすたびに思ってしまいます。

感情の原因を表す不定詞の副詞的用法での
「感情」を表すものには、

surprise 驚く
sad   悲しい
sorry  残念だ
happy  うれしい
...続きを読む

Qどうしても使い方がわからない・・・such as とlike

こちらのサイトでも調べてのですが、どうしてもわかりませんでした。 ~のような というときのsuch asと likeの使い分けです。例を用いてなるべく簡単にわかりやすく説明してくださる方いらっしゃいませんか?すみませんが教えてください。

Aベストアンサー

such as ~ のほうは「例えば ~ などのようなもの」という例を挙げるもので、

like ~ のほうは「~ に似ているもの」という類似性を示すもの、

という印象の違いがあると思います。

日本語で「~のようなもの」という言葉には、例を挙げている場合と、形や様子が似ているものを挙げている場合があいまいに混じっているので、和英のときに一緒にまとめられてしまうのですね。

QWould you like~?とWould you~?の違いは

相手に何かをお願いするときに、
Would you like~?
Would you~?
と両方の言い方があると思うのですが、likeをつけるかつけないかはどのように判断するのでしょうか?
また意味はどう変わるのでしょうか?

Aベストアンサー

Would you~?「~していただけませんか?」は丁寧な依頼表現、Would you like~?「~は如何ですか?」は丁寧な勧誘表現です。

依頼表現で使われるwouldやcouldは、「条件節(if節)の内容を言外に含めた婉曲用法」なのです。つまり、「(もし~できるのであれば)~していただけるでしょうか」と丁寧で控え目な調子を出すことができます。Will you~?やCan you~?はただの助動詞の勧誘表現ですから、wouldやcouldのような婉曲用法はないのです。

Would you like~も同じ婉曲用法で、「(もし私が~を勧めたら)~をお気に召すでしょうか?」という丁寧で控え目な調子の出る勧誘表現なのです。I would like to~「~したい」(~することをできればしたい)という表現もこの用法からきているのです。

Would you like~のlikeは「~を好きである」という他動詞でlikeの後に名詞を目的語として持って来ることができます。例:
Would you like another cup of tea?「もう一杯紅茶如何ですか?」
Would you like going on a picnic?「ピクニックに出かけるというのは如何でしょう?」
Would you like to go on a picnic?「同上」(このto不定詞は名詞的用法)

ご参考になりましたでしょうか。

Would you~?「~していただけませんか?」は丁寧な依頼表現、Would you like~?「~は如何ですか?」は丁寧な勧誘表現です。

依頼表現で使われるwouldやcouldは、「条件節(if節)の内容を言外に含めた婉曲用法」なのです。つまり、「(もし~できるのであれば)~していただけるでしょうか」と丁寧で控え目な調子を出すことができます。Will you~?やCan you~?はただの助動詞の勧誘表現ですから、wouldやcouldのような婉曲用法はないのです。

Would you like~も同じ婉曲用法で、「(もし私が~を勧め...続きを読む

Q"ask for" と "ask to"の違い

初歩的な質問でお恥ずかしいのですが、"ask for" と "ask to"の意味的な違いがよくわかりません。

例えば、以下のような例文があった場合、
 ・I want to ask you to do that.
 ・I want to ask you for doing that.
どちらも同じ意味として考えてよいのでしょうか?
また、そもそも"ask for"の場合は動名詞が続くことはなかったりしますか?

以上、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

for ~は「~を求めて」で後には求める「もの」か
help, permission のような動作を表す名詞が来て,
動名詞はあまり見かけません。

ask for ~で熟語にもなっていますが,
ask O for ~もよく用いられます。

以前,入試の整序問題で
ask her for help
ask for her help
どちらも可能なものがありましたが,
正解はどちらのつもりだったのでしょう。
(site:us では前者が優勢)

be surprised to 原形
be surprised at ~ing
なんかも悩みますが,
こういう場合は不定詞にするのが基本でいいと思います。

Qon ~ing in ~ing の違い。

on ~ing in ~ing の違いについてなのですが、
on ~ing は、「~するやいなや」で
in ~ing は、「~しているとき」

だったような気がしますが、正しいですか?

Aベストアンサー

こんにちは。
質問者さんの記憶通りでいいと思います。

on -ing「~するやいなや」「~するとすぐに」「~と同時に」
in -ing「~しているとき」「~の動作をしている間に」

どちらも前置詞の意味を確認しておくとよいでしょう。

補足ですが、in -ingは、「~しているとき」の意味のほかに
He was right in thinking that ...「…と考えた点で彼は正しかった」
のようにも用いられます。

なお、本題からは外れますが、この-ingはどちらも動名詞です。
ただし、be interested in -ingの"in -ing"とは
区別しておいた方が整理しやすいかと思います。(←経験上。)

Q他動詞と自動詞の一番いい見分け方!最終結論

他動詞と自動詞の区別の仕方として一番いけてる方法は

有名な塾の先生が書いている参考書などを見て一覧表を
覚える

しかないのでしょうか?
(これ以上すばらしい他動詞と自動詞の瞬間的な見分け方を答えた人は今までにいません。だれか、スパッっと納得のいく見分け方を答えられる方はいないのでしょうか?失礼ですが)

参考書に書いてあるのは、せいぜい10個~20個くらいです。
しかし、テストでは絶対と言っていいほど、それ以外のものが出題されたりします。
で、今過去10年分の全大学の入試問題を見て、他動詞、自動詞の完全一覧表を作成しています。
完全一覧表というのは、なかなかありません。

それをつくって覚えるしか方法はないという結論なのでしょうか?

Aベストアンサー

日本語の自動詞と他動詞って暗記してますか?
してないですよね?

世の中の過半数が「まず先に文法ありき」と勘違いしてるんですが、
「文法」というのは、出来ちゃった結婚とか、新しい制度・法律の制定と同じことで、
まず既成事実があって、それに後から理屈を付け加えてるだけなんですよ。

・コマを回す → あ、そーか。「を」は他動詞の前に付くんだな
  ということは、「を」の後ろは他動詞だ。

・コマが回る → あ、そーか。「が」は自動詞の前に付くんだな
  ということは、「が」の後ろは自動詞だ。
  ふむふむ。


私が、かつて、北米からの留学生数人と友人関係にあった頃がありまして、ある日の、彼らとの会話。

私「日本では、SVOとかSVOCとかいうふうに英語を教えるんだよ」
留学生「なんじゃそりゃ?」(=意訳です)
私「SはSubjectで、VはVerbで・・・」
留学生「ははーん、それか。ところで、Cって何?」
私(英和辞書の中の“complement”を指差しながら)
 「これだよ。」
留学生「なんじゃそりゃ?」(=意訳です)

というわけで、
あまり、真正面から「文法」にぶち当たったり、暗記とかしなくていいですよ。
(go went gone とかを覚えるのはしょうがないですが)


コツだけ教えます。

I watched TV. 他動詞
She plays tennis. 他動詞
I speak English. 他動詞
Let's discuss Japanese music. 他動詞
(I) Thank you. 他動詞
I attended the meeting. 他動詞

I looked at her. 自動詞
(You) Listen to me. 自動詞
He comes to school by bus. 自動詞
Let's talk about Japanese music. 自動詞

自動詞って、後ろに名詞をくっ付けるときに、なんか間に入れますよね?

つまり、理屈ぬきで
looked at
listen to
comes to
talk about
というようなセットで覚えればいいんです。
つまり、「単語」ではなく「熟語」として覚えます。
自分の耳と口で、リズムで覚えればいいんです。

英語圏の子供達は「文法」は習わなくても、耳で「使える英語」は覚えます。

その「使える英語」という既成事実に、文法という理屈が、後から付いてきてるだけです。


だいぶ前にテレビで見たんですが、
芸能人(名前忘れた)が、学生時代の英語の授業の思い出を語ってました。
その英語の先生というのが面白い人で、
「discuss about, discuss about, discuss about」
と3回連呼した後、
「どーだ、お前ら。これで、お前らは一生"discuss about"って間違うようになるぞ。ざまあ見ろ。」
と言ったんだそうです。(笑)

日本語の自動詞と他動詞って暗記してますか?
してないですよね?

世の中の過半数が「まず先に文法ありき」と勘違いしてるんですが、
「文法」というのは、出来ちゃった結婚とか、新しい制度・法律の制定と同じことで、
まず既成事実があって、それに後から理屈を付け加えてるだけなんですよ。

・コマを回す → あ、そーか。「を」は他動詞の前に付くんだな
  ということは、「を」の後ろは他動詞だ。

・コマが回る → あ、そーか。「が」は自動詞の前に付くんだな
  ということは、「が」の...続きを読む

Q[be kind of]と[be kind to]の違い

[be kind of]と[be kind to]の違い

[be kind of]と[be kind to]の違いって何ですか?
教えてください。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

一般的にtoは方向を示します。したがって、kind toは「~に親切に」という意味で、
My mother is very kind to anyone. 「母はだれにでもとても親切です」
Be kind to anyone. 「誰にでも親切にしましょう」

be kind ofの場合、相手や他人の性格など評価する時に使います。
たとえば、It's kind of you to give me the book. 「その本をくれるなんてあなたは親切ですね」
この文型の場合、You are kind to give me the book.とおきかえれます。

It's difficult for me to read the book.の場合、difficultのところはそれぞれ判断を述べる形容詞が入ります。上のkind ofの文のようにいいかえることができません。

Qbe surprised thatについて

いつもお世話になっています。

以下の文についてお教え頂けないでしょうか。

I'm surprised that she should have felt so angry.

(1)このようにsurprisedの後のthat節は可能と理解しています。
しかし、どうして可能かがわかりません。
その理由は、
surpriseは他動詞→他動詞にedをつけたら自動詞→従ってsurprisedの後は目的をとれない。
と考えております。
どうしてsurprisedがthat節(目的格)をとれるかを平易にお教え頂ければ幸いです。

いつも基本的なことで恐縮でございますが、何卒宜しくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/8864972.html

be sure that
be afraid that
be sorry that
be surprised that
be glad that
こういう表現はいくらでもありますが、
この that 節を説明するのに、形容詞は目的語をとらないので、
普通の名詞節とは説明できず、副詞節、というのがよくある考え方です。

so ~ that 「とても~なので」など、副詞節としか言いきれないものもありますし、
同様に、理由を表わす感じなので、そういう副詞節と説明するのもわかります。

私も10年くらい前まではそういう考えだったかもしれませんが、
今では名詞節と感じます。

無理やり、be sure とか、be certain で think 的な「~と思う」的表現と考えることも可能です。

それが無理なら、手法としては be certain of the fact that ~の省略表現とする。
あるいは、前置詞 of の後に that 節は来れないので、自然に前置詞が消滅した。

普通にはこの that 節は副詞的に M(修飾部)と考えればいいと思いますが、
私は名詞節で of (the fact) を補って、目的語的(あるいは fact と同格)
と感じます。

引用終わり

be surprised であれば be surprised (at the fact) that ~
と考えることもできます。

1つの手としては多くの辞書がしているように、
理由を表わす副詞節とする、でいいと思います。

私も昔はそうでしたが、今では名詞節に感じます。

他の回答にあるように、単純に that は接続詞、というのでいいのかもしれません。
名詞節で目的語、というのは大切な考えではありますが...

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/8864972.html

be sure that
be afraid that
be sorry that
be surprised that
be glad that
こういう表現はいくらでもありますが、
この that 節を説明するのに、形容詞は目的語をとらないので、
普通の名詞節とは説明できず、副詞節、というのがよくある考え方です。

so ~ that 「とても~なので」など、副詞節としか言いきれないものもありますし、
同様に、理由を表わす感じなので、そういう副詞節と説明するのもわかります。

私も10年くらい前まではそういう考えだった...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング