新生活を充実させるための「こだわり」を取材!!

be free fromとbe free ofはどう使い分ければいいのでしょうか????

教えて!goo グレード

A 回答 (3件)

> free from: ~がない、~を免れた



 She is free from pain.
痛みはない 

> free of: ~を離れて;~を免れて

 The river is free of ice only in summer.
凍っていない 
 
 ☆free of charge [ duty ] 無料[無税]で

 ☆の場合を除き、from, of のいずれでもよい場合が
 多いそうです。

 He is free from [ of ] prejudice. 偏見がない

>とりあえずよく出てくる free from pain や ☆を 覚えておけばいいかなぁと思っています。こういう 使いわけはむずかしいですね。?がいっぱいつきま す。 
    • good
    • 5

どちらも同じと思いますが


突き詰めるなら

be free from
~の原因から 自由になる、解き放たれる
「アレルギーの元になる原料を含まない」など

be free of
~がない、~と関係がない、元々~は存在しない

といった感じかな?
#1さんとかぶったかな。
    • good
    • 6

どちらも「~がない、~の心配がない」のような意味ですよね。



fromの場合は、元々の場所と言う感覚がありますから、「~と言う状態になるかもしれない」、「~の可能性が残っている」、「一時的に~の状態でない」、「~の状態からいろいろな努力で抜け出ている」のような含みがあると思います。どちらかと言うと、~の部分に動きのようなものを感じさせる語が来ることが多いと思います。

ofは、その点、そのものずばりがない、と言う感覚で、「~の心配がない」、「~と関係を持っていない」のような含みでしょう。

「無料の」は、普通、free of charge となりますが、free from charge としてしまうと、「わざわざ無料にしたんだぞ」のようなニュアンスが出てしまうのでしょう。
    • good
    • 6

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

教えて!goo グレード

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング